人気業者特集
クラウドクレジットのすべて
  • 金利10%以上のファンド多数
  • 初心者に優しい最低投資額 10,000円
  • 為替ヘッジで過去には利回り28%にも!

投資収益シミュレーション

投資額(10,000円~)を入力すると
運用後の収益額が表示されます

投資予定額
利回り 12.9%
運用期間 13か月
収益

算出例:【ロシアルーブル建て】
マイクロローン事業者ファンド11号

低リスクならクラウドバンク一択か|再生エネルギーの業者を徹底比較

低リスクならクラウドバンク一択か|再生エネルギーの業者を徹底比較

様々な事業へと融資を実行し、その利息によって利益を得ることのできる柔軟な投資方法「ソーシャルレンディング」。その中でも人気案件のジャンルとして「再生エネルギー関連」が挙げられます。再生エネルギーとは風力発電や太陽光発電、水力発電などを指しますが、これらの新規設備や運営に対してお金を融資することができるわけです。

今回は再生エネルギー案件にスポットを当てつつ、果たしてポートフォリオにどの程度組み込むべきなのか。そして、肝心要の業者選びについてはどこがオススメなのかをズバッと解説させて頂きます。

ソーシャルレンディングなら再生エネルギーにも投資できる!

現実問題として、日本のエネルギー政策に貢献したい、とか再生可能エネルギー事業を応援したい、と考えてもなかなか個人レベルでは投資するのは難しい状況にあります。しかし、ソーシャルレンディングであれば比較的安全に、しかも期間を明確に区切った形で、かつ少ない金額から投資を行えるのです。これは純粋な個人投資家だけでなく、環境問題に興味のある人にとっても重要な視点ではないでしょうか。

再生エネルギーの行く末は日本のエネルギー政策の方向性にも直結します。再生エネルギーへの投資は社会的に考えてとても意義深いものなのです。

再生エネルギー案件は高利回りも狙える

再生エネルギー関連の案件は、比較的高い利回りが狙えるというメリットもあります。ソーシャルレンディングで最も一般的とされる不動産型の案件では基本的に利回りが年換算で5%となっていますが、再生エネルギー案件の場合は6~8%くらいは狙っていけるのです。再生エネルギー案件のみでポートフォリオを構成する必要はありませんが、投資で利益を得るための戦力として十分な存在感といえるでしょう。

ポートフォリオには組み入れておくべき

具体的にポートフォリオへ組み込む割合としては、資金の大きさにもよりますが20%前後が適正ではないかと考えます。50%では高すぎますし、10%以下では物足りませんからね。

もちろん案件も再生エネルギー案件を1つ用意するのではなく、できれば複数の再生エネルギー案件を抱えておきたいですね。その方がリスク分散にもなります。

利益の面でも、社会的貢献の面でも大変意義のある「再生エネルギー」での投資!ポートフォリオの中にしっかりと組み込んでいくべし!

再生エネルギーに投資するにはどの業者が有利?

再生エネルギーはどの業者で投資するのが最も有利なのでしょうか。再生エネルギー関連の案件を扱っている業者はいろいろとあるのですが、どうも帯に短し襷に長しというか、リスクとリターンの関係性がピシャッと理想的な設定となっている業者は少ないようです。ただ、その中でも1社だけ「ここはベストなのでは?!」という業者さんを発見しましたので特別にご紹介させて頂きます…。

再生エネルギー専門業者のリスクが上昇中?

実は再生エネルギー関連の案件のリスクは、僅かながら上昇中なのではないかという意見がソーシャルレンディング業界の中には存在します。その理由というのは、再生エネルギー技術そのものが少しずつ進化しているため、古い技術(発電効率が低い)によって作られた設備はその価値が低下してしまうのではないかという懸念があるためです。

また、再生エネルギーの価格自体も遠い将来に渡ってはまだまだ不安定と言えます。急激に値崩れしてしまった場合は、再生エネルギー事業は根本から見直さなくてはならなくなるのではないかという意見も少数ながら存在しているのです。

扱っている案件を総合的にチェック!

そこで考えなくてはいけないのは、再生エネルギー関連の案件を扱っている業者が、他にも別ジャンルの案件を扱っているかどうか、という点です。業者としての質が良く、リスク管理や案件審査が徹底された上で、ある程度の割合の再生エネルギー案件を扱っているのがベストであり、再生エネルギー案件のみを扱っている業者は逆に今後のリスクが増大してしまう恐れがあるのです。

今回、様々な業者を一からチェックしてみましたが、ハイレベルな業者の内、再生エネルギー関連を扱いつつも、同時に別ジャンルの案件もしっかり取り扱っているのはクラウドバンクであるという結論が得られました。

再生エネルギー案件は魅力的だが不安要素も!そんな中、ベストチョイスなソーシャルレンディング業者は「クラウドバンク」であると判明!

クラウドバンクの実力は貸出額が物語る!

ではクラウドバンクについて少し解説をしていきましょう。クラウドバンクは2015年時点で日本におけるソーシャルレンディングの貸出実績額が第三位となっています。強豪大手犇めくこの業界内で三位というのは並大抵の偉業ではありません。相当な案件獲得能力と、投資家から認められるリスク管理や利回り提供が達成されていなければ実現できない快挙だと思います。

上場企業事業拡大支援ファンドで更なる飛躍も?

クラウドバンクでは再生エネルギー関連の利回りはおよ、6%~8%に設定されています。最も回数が多いのは太陽光発電ファンドで既に50回以上もの募集実績があるのです(当然これまでノートラブル)。

また、最近では上場企業事業拡大支援ファンドにも力が入れられています。これはその名の通り、公開株式市場に上場されている一流企業が行う「M&A(企業買収)」を支援するために融資するファンドで、日本の景気回復やグローバル化の流れに上手く乗った新しいタイプの投資商品だと言えるでしょう。この上場企業事業拡大支援ファンドによってクラウドバンクはより大きく成長する事が見込まれています

クラウドバンクは再生エネルギーだけでなく、他の案件も充実!更なる成長によりより低リスクな投資環境が整いそう

クラウドバンクの特徴をチェック!

クラウドバンクにはいろいろな魅力、特徴があるようです。最後にクラウドバンクを選ぶべき理由、再生エネルギー案件をクラウドバンクによって活用すべき理由について説明致しましょう。やはり質の良い業者には質の良い案件が設定されるものです。卵が先か鶏が先かではありませんが、案件だけを見るのでもなく、業者だけを見るのでもなく、両方をしっかりチェックして投資のやり方を考えなければいけませんね。

1万円から!最低投資金額の低さが魅力

まずクラウドバンクでは最低投資金額が1万円からという案件がとても多いのが特徴です。これは当然業界最低水準なのですが、実は他の優良業者と言われている中にも「10万円からスタートです」といった業者もあるのが実情です。

お金持ちな人であればいいのですが、普通の初心者であれば一発の案件にいきなり10万円突っ込むのはかなり勇気がいると思います。クラウドバンクは本当に初心者のために案件を設定してくれているんだなと感じる大きな理由ですね。

担保付き案件も多数!リスク管理は万全!

クラウドバンクの案件には担保付きの案件も多いのが特徴です。担保が有るのと無いのとでは明らかにリスクが違いますよね。クラウドバンクでは焦げ付きリスクの極めて小さい案件のみ厳選されていますので、結果的に担保も付きやすいのではないかと考えられます。

最低投資金額1万円!担保付き案件も多数!至れり尽くせりなクラウドバンクは初心者の味方です。これからソーシャルレンディングを始めたいという人にはとてもオススメできる業者さんですね

前月の口座開設数ランキング

国内業者比較

人気クラウドファンディング業者ランキング

1位 クラウドクレジット

迷ったらまずはここに口座開設!担保付きファンドも多く、最高水準のリターンが望めます!

平均利回り前月応募数注目度
2位1位1位
業者詳細はこちら
無料口座開設

2位 ラッキーバンク

新規ファンドはすぐに即完!抜群の安定感で利回りを得たい方は必ず口座開設しておきたい業者です。

平均利回り前月応募数注目度
5位3位2位
業者詳細はこちら
無料口座開設

3位 オーナーズブック

国内不動産に特化した業者。運営元の知識やノウハウが豊富なため、手堅い運用ができると人気。

平均利回り前月応募数注目度
15位2位3位
業者詳細はこちら
無料口座開設

自分のスタイルにあった業者を選ぼう