人気業者特集
クラウドクレジットのすべて
  • 金利10%以上のファンド多数
  • 初心者に優しい最低投資額 10,000円
  • 為替ヘッジで過去には利回り28%にも!

投資収益シミュレーション

投資額(10,000円~)を入力すると
運用後の収益額が表示されます

投資予定額
利回り 12.9%
運用期間 13か月
収益

算出例:【ロシアルーブル建て】
マイクロローン事業者ファンド11号

クラウドファンディング業者にマイナンバーを提出した方がいい理由

クラウドファンディング業者にマイナンバーを提出した方がいい理由

運用は始まったもののなかなか普及していないとして政府も危機感を露わにし始めたマイナンバー制度。あるアンケートによると「必要性を感じていない」という回答や「個人情報の漏洩が心配」という意見が多いようで、今後も行政側の普及促進活動は相当熱心に行われる必要がありそうです。

ただ、金融関係、特に投資をする人にとってはマイナンバーはとても身近な存在といえます。マイナンバーの金融機関への提出は半ば義務となりつつありますし、実際に提出した方が利用者側としてもメリットが大きいのです。今回はマイナンバーと投資やクラウドランディングの関係について解説していきましょう。

マイナンバーカード、もう取得しましたか?

既にマイナンバーの通知カードは皆さん受け取ってらっしゃると思います。でも、そのまま放置している人がほとんどですよね。これを読んでらっしゃる貴方もそんな中の一人ではないでしょうか。

もしかしたら「通知カードって何?」なんて人もいるかもしれません。マイナンバー通知カードとはその名の通り一人ひとりに個人番号を通知するためのものです。この通知カードは正規のマイナンバーカードとは違い、身分証明書としての力は不完全です。そもそも顔写真がありませんからね。

通知カードはマイナンバーカードを発行してもらうための引換券のようなものだと考えておいてください。稀に通知カード=マイナンバーカードだと思っている人もいるようですからこの点は特に注意してくださいね。

そもそもマイナンバーって何?!

マイナンバーが普及しない最も大きな要因は前述した通り「必要性を感じられない」という点だと思われますが、そもそもマイナンバーとは一体何物なんでしょうか。

これまで自分が誰であるかを公的に証明するための物としては、運転免許証・保険証・パスポート等が一般的でした。しかし、パスポートは持っていない人も多くまたそうそう持ち歩く物でもありませんし、保険証には顔写真がありません。一番便利と考えられる運転免許証も若年者は持っていませんし、高齢者の中には免許の無い人や返納した人もいます。それに免許証はそもそも「身分証明書」のために発行される物ではありませんからね。

そこで、全国民に等しく共通の身分証明書を発行しようという考えから生まれたのがマイナンバー制度であり、マイナンバーカードなのです。番号のみで様々な情報を横断的に管理できるため、行政サービスを高度に効率化することが可能となり、また所得の補足も容易であることから税金の不公平・不公正も是正されることが期待されているのです。

マイナンバーカードの入手方法

マイナンバーカードを手に入れる方法はいたって簡単です。まず手元にマイナンバー通知カードと、それと一緒に送付されてきた個人番号カード交付申請書を用意し、郵送又はWEB上から申請手続きを行います。

すると数日後に交付通知書が郵送されてきますので、この通知書と必要物(通知カード・身分証明書)を持って役所へと行きましょう。どの役所に行けば良いかは交付通知書に記載されていますから心配いりません。

とりあえず必要なのは通知カード!もし無くした人は役所に電話で確認しましょう!

金融の世界はマイナンバーカードが必須に?

必要性が未だ認識されていないマイナンバーカードですが、今後はなかなかそうも言っていられない状況となりそうです。今後は行政手続はもちろん、金融機関に何か提出したり口座を開設する時には必ずマイナンバーカードを用意しなければならなくなる可能性が高いのです。

これまではよく「お金に名札は無い」などと言われることもあるほど、数字の上でのお金の流れと、そのお金の本当の持ち主や本当の資金の流れというのは大変わかりにくいものでした。しかし、マイナンバーカードの使用が徹底されると、口座を横断的に国家が把握することも可能となるため、資金の流れは筒抜けとなります。

今後、不透明な資金の動きに関する法整備が進むことも予想されているため、マイナンバーカードが無ければ、決して怪しい事をするつもりはなくとも、取引制限や口座開設制限を受けてしまう可能性があるのです。

金融の世界こそマイナンバーが大切

これまでにも説明してきました通り、金融の世界こそ最もマイナンバーカードが必要性を持つ分野だと言えます。お金の流れが筒抜けになると言ってもそこに犯罪性や違法性が無ければそもそも何も隠し立てする必要はありません。後述しますが、むしろマイナンバーを金融機関へと提出しておく事によって得られるメリットの方が遥かに大きいはずなのです。

これから、或いは既に投資の世界へと参加している人はとりあえずマイナンバーカードを早いうちに発行しておくべきでしょう。法律が変わって急にどうしても必要になったとしてもすぐには発行はしてもらえません。なんといっても「お役所仕事」ですからね。

普通銀行口座から投資用口座まで

それでは現在の金融機関のマイナンバーカードへの対応はどのようになっているのか、普通銀行口座と投資用口座を例に調査してみました。

あるメガバンクでは、2017年2月現在では投資信託や債券、外国送金、マル優・マル特、財形預金、金融商品仲介といった取引においてはマイナンバーが必要となっています。今のところ普通預金口座についてはマイナンバー無しでも開設できますが、こちらも時間の問題…といったところではないでしょうか。

また、別の大手ネット証券会社では、証券総合口座を開設する際にマイナンバーが必要となる他、指名・住所の変更手続き、特定口座やNISA口座の申し込み時にもマイナンバーを提示しなくてはならないルールとなっています。やはり、投資分野での普及はかなり急ピッチで進んでいるといった印象ですね。

トレンドは確実にマイナンバー必須の世の中へ!投資家であれば絶対に持つべき!

全ての手続きが簡素化できるかも

できることならマイナンバーなんか提出したくない、だって面倒くさいんだもん。そう思っている人も多いと思いますし私もその気持はよく理解できます。では実際のところマイナンバーを提出する事によって得られるメリットは何もないのでしょうか。単にルール化され始めたから仕方なくそれに従う…というだけではやはりおもしろくないですよね。また、マイナンバー提出に関して皆さんが感じているセキュリティ面の不安は本当に無いのでしょうか。そのあたりを調査してみました。

マイナンバー提出は不安?危険?

これはマイナンバーの構想が始まって以降延々と語られている事ですね。以前は住基カード(住民基本台帳)でも同じような議論がされました。実際、数年前には年金に関する個人情報が漏洩したこともあり、この手の個人情報に関する取扱というのは行政はあまり信用できないというのが一般論だと思います。

行政におけるマイナンバーの管理は分散データベースによって行われています。一元管理をイメージされている方も多いかもしれませんが、実際には市町村・都道府県・年金等などで個別のデータベースを持っているため完全な横串での情報閲覧は誰にもできない仕組みとなっているのです。セキュリティ強化と利便性は一定のところで相反してしまうのですが、現時点ではセキュリティの方が優先されていると考えられるわけです。

ただ、問題となるのはマイナンバーの提出を受けた個別企業(この記事で言う金融機関)です。これはそれぞれの企業によって管理の仕方が違いますから、自ずと個人情報の管理に人的・金銭的リソースを多く割り当てている企業でなければ信用に足るとは言えないわけです。

当然、法的にどのような管理を行うべし、というのは決まってはいるのですが、この点については投資家が常に注視し、監視していなければならない部分です。少なくとも、中小零細のあまり資金力の無い金融機関や証券会社へとマイナンバーを渡すのは控えた方が良いと考えられます。

マイナンバー提出はメリットの方が大きい

ただ、それでもマイナンバー提出にはメリットが大きいのです。ルールとして提出を定めている証券会社やクラウドランディング会社に対しては最早ためらう余地すら無いのですが、例えば諸手続きにおいて身分証明をしなければならない場合や、個人情報を変更する場合、別の口座を新たに開設する場合など、いろいろな手続を簡略化することができます。また、将来的には確定申告絡みの書類準備や手続きもマイナンバーを活用して簡略化されることが期待されているのです。

提出先の企業は厳選すべし!信用できるまでは一旦ストップするのもアリ!

投資に集中できる環境を構築

では最後に、実際の投資家やトレーダーとしての実務的な視点からマイナンバーについて考えてみましょう。マイナンバーはさっさと提出してしまった方がいいのか。それとも求められるまではスルーでいいのか。どちらなんでしょうか。

余計な雑務に追われないことが重要

マイナンバーカードを入手し、カードを手に入れるまでの手続きというのは一見めんどくさそうで実際にやってみるとそうでもありません。役所の窓口までがとても遠い、という場合を除いては多くの人が「意外と簡単だった」と応えています。

マイナンバーを提出した後は当たり前の話ですがもう当面マイナンバーカードの事を気にしたり、ルール変更にビクビクする必要はなくなります。当然その分投資そのものに集中できるわけですからこれは大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

今後は様々なサービスがどんどん連結する可能性も!

マイナンバーに期待したいのは今後の展開ですね。様々なサービスと連携する事によってこれまで必要だった煩雑な手続きが必要なくなったり、全く新しいサービスが開始されることが望まれます。

思えば、住所氏名等の個人情報をその都度入力・記入するのって馬鹿馬鹿しいといえば馬鹿馬鹿しいんですよね。番号一つで全てOKとなるのが合理的だと思います。

今回はかなり駆け足で解説してきましたが、強制ではないもののマイナンバーは早めに取得し、クラウドランディング業者にも提出しておいた方が良い、というのが全体的な結論となります。

実は面倒くさくないマイナンバーカード!まずは取得するところから始めましょう!

前月の口座開設数ランキング

国内業者比較

人気クラウドファンディング業者ランキング

1位 クラウドクレジット

迷ったらまずはここに口座開設!担保付きファンドも多く、最高水準のリターンが望めます!

平均利回り前月応募数注目度
2位1位1位
業者詳細はこちら
無料口座開設

2位 ラッキーバンク

新規ファンドはすぐに即完!抜群の安定感で利回りを得たい方は必ず口座開設しておきたい業者です。

平均利回り前月応募数注目度
5位3位2位
業者詳細はこちら
無料口座開設

3位 オーナーズブック

国内不動産に特化した業者。運営元の知識やノウハウが豊富なため、手堅い運用ができると人気。

平均利回り前月応募数注目度
15位2位3位
業者詳細はこちら
無料口座開設

自分のスタイルにあった業者を選ぼう