人気業者特集
クラウドクレジットのすべて
  • 金利10%以上のファンド多数
  • 初心者に優しい最低投資額 10,000円
  • 為替ヘッジで過去には利回り28%にも!

投資収益シミュレーション

投資額(10,000円~)を入力すると
運用後の収益額が表示されます

投資予定額
利回り 12.9%
運用期間 13か月
収益

算出例:【ロシアルーブル建て】
マイクロローン事業者ファンド11号

クラウドファンディングと他の投資比較|投資信託や債券との違いは?

クラウドファンディングと他の投資比較|投資信託や債券との違いは?

2016年頃から急激に個人投資家の間で認知度が高まっているクラウドファンディングによる投資。これまでポートフォリオを構築する上であまり優先度は高くなかったクラウドファンディングですが、最近では確固たる位置を占めています。

ただ、クラウドファンディングはまだ新しい投資法ですので不安を感じていたり二の足を踏んでいる人も多いようですね。特に長年投資を続けている人にとっては逆に一歩を踏み出すのが難しいようです。

そこで今回は、クラウドファンディングに関する基礎的な知識を勉強すると共に、投資信託や債券、株式、FXといった他の投資商品との比較を解説していきます。クラウドファンディングのメリットを活かし、他の投資商品とのバランスを考えながらよりよいポートフォリオ構築を目指すのです。

まずはクラウドファンディングの基本について

クラウドファンディングというと寄付型や購入型をイメージする人も多いのではないでしょうか。しかし、クラウドファンディングというのはそもそも不特定多数の個人が少額ずつのお金を出し合って資金ニーズのある企業や団体を応援し、リターンを得る活動の総称を指します。金融先進国の欧米ではクラウドファンディングは既に投資方法の一つとして立派な地位を確立しているのです。

融資型クラウドファンディングのリスク

riskmanage

投資方法としてのクラウドファンディングでは現在のところ「融資型」と呼ばれるスタイルが最も一

般的です。

融資型では資金を必要としている企業に対し、クラウドファンディング会社が個人から集めた資金を融通し、その利息を個人投資家にリターンする事でWIN-WINの関係を築きます。融資先企業の審査についてはクラウドファンディング会社が全てを請け負いますから個人投資家は難しい財務や、融資先業界に関する知識は必要ありません。

この融資型クラウドファンディングにおけるリスクはやはり「貸し倒れ」でしょう。確かに理論的には融資先に不慮のトラブルが発生した場合、元金の一部が欠損し、「投資失敗」となる可能性はゼロではありません。

実績は?

okanehenkinn

では、実際のところクラウドファンディングによる投資が日本で始まって以来、どの程度のトラブルや損失案件が発生しているのでしょうか。

実はクラウドファンディングの実績は現在のところ「ほぼ100%想定利回り通り」なのです。

一部、個人向け融資案件でデフォルトが発生しその損失を埋めるためにクラウドファンディング会社が泥をかぶった事もありましたが投資家自体には大きな実害は発生していません。つまり、現状では「クラウドファンディングはほぼ確実に儲かる投資法」と言えるわけです。これは国債や超優良企業の発行する社債と同じレベルの低リスクだと言えるでしょう。

利回りは?

hennkinnsumu-zu

クラウドファンディングには後述する通りいくつかのタイプがあります。そのタイプによってある程度利回りは違うのですが、ざっくり3%~10%に設定されている案件が多いようです。

銀行の金利が0.1%以下であることを踏まえるとこの数値がいかに大きいかは簡単に想像して頂けると思います。しかもほぼリスクゼロで実現している数値ですからね。銀行に預けるのバカバカしくなっちゃいますよね。

融資先別種類

ownersbook

クラウドファンディングによる融資先別の種類としては不動産型が最もポピュラーです。不動産型とはクラウドファンディング会社を通じて不動産開発会社に融資するタイプで、担保が設定しやすく安全性が高いのが特徴です。目標利回りも決して低くはないため人気もありますね。

また、中小企業型も利回りが高いため人気です。これは様々な業態の中小企業に融資を行うものでクラウドファンディング会社が厳密に審査した優良企業のみがその対象となります。

他にも、海外向けや動産担保型、今後大きく発展しそうな株式型(投資型)といったタイプもあり、それぞれリスクや利回り、スキームに違いがありますので投資家の好みによっていろいろと使い分けることが可能となっています。

クラウドファンディングと投資信託を比べてみよう

では、クラウドファンディングは他の投資商品とどのような点が違うのでしょうか、また、メリットやデメリットはあるのでしょうか。

既に他の投資経験がある人は自分のポートフォリオにクラウドファンディングを組み込むべきかどうかという点に対してとても興味があると思いますし、これから何か投資を始めてみようかと考えている人にとってはクラウドファンディングを選ぶべきかどうかの一つの指針になると思います。

それではまず早速投資信託から。投資信託もとても人気の高い投資商品ですよね。初心者からベテランまで幅広い投資家が参加しています。

投資期間が長いのも考えもの

select

基本的に投資信託は一回購入してからイグジットするまでの期間が早くても数ヶ月。長い物だと数年以上。だいたい平均すると3年~5年程ホールドするケースが多いようです。つまりかなり長い目線で投資を行う、長期投資家に向いた商品と言えます。

一方、クラウドファンディングの場合は数ヶ月から半年程度の商品が多く1年を大きく超える期間が設定されているケースは稀です。投資信託と比較すると中期投資家向けと言えるでしょう。

投資期間については投資家それぞれで好みが分かれるところではありますが、いろいろな投資機会を積極的に狙えるという意味ではクラウドファンディングはバランスが良いと言えるでしょう。逆にパフォーマンスの悪い投資信託の場合はある程度の所で見切りをつけ、ロスカットした方が最終的な利回りは向上するはずです。

投資信託はマクロ経済分析が重要

keizaibunnseki

投資信託では国内債券や海外債券、複数企業の株式に投資するものがほとんどです。つまりかなり大きな視点からのマクロ経済分析が必要というわけですね。

一方でクラウドファンディングの場合は不動産型にしろ中小企業型にしろ個人投資家本人が細かな分析をする必要はありません。むしろクラウドファンディング会社から提供されている情報をしっかりと読み込む丁寧さが求められます。

マクロ分析が得意な人にとっては、高パフォーマンスを狙って投資信託に大きな金額を投入するのも良いでしょう。ただ、ビギナーや一般的な投資家にとってはクラウドファンディングの方が数段お手軽と言えますね。

様々なタイプを組み合わせて使うべき

kumiawase

投資期間や分析の難易度について投資信託とクラウドファンディングを比較してみましたが、とっつきやすいのはどちらかというとクラウドファンディングになります。ただ、投資信託にもいろいろなタイプがありますし、一概に投資信託はダメ。クラウドファンディングが良い。とは決めつけられません。

投資信託とクラウドファンディングを組み合わせる場合はお互いの弱点をサポートし合うよう内容を工夫すべきです。例えば海外向けクラウドファンディングに投資するのであれば投資信託は国内債券タイプや国内株式タイプにするべきでしょうし、不動産型クラウドファンディングを投資活動のメインとするのであれば投資信託には不動産が全く絡まない外国債券タイプなどをチョイスすべきでしょう。

クラウドファンディングと債券投資を比べてみよう

次は債券とクラウドファンディングの比較です。債券にもいろいろな種類があり、最も有名なのは国債でしょう。

銀行や証券会社等で売られている個人向け国債のことですね。その他、企業が発行する社債や外国政府が発行している海外債券も金融商品として投資する事が可能となっています。

債券は株式等とは違い、「お金を貸して利回りを得る」タイプの投資です。そういった意味ではクラウドファンディング投資と非常に似た性質を持っていると言えるでしょう。

国債はリスク無し?それともリスク大?

hairisuku

日本政府が発行する国債は、利回りはとても低いのですが安全性は最も高いとされています。金融機関の営業マンからも「お金を遊ばせておくくらいなら個人向け国債を買いましょう」といった話がよく出てきますね。

しかし、本当に日本の国債は安全性が高いのでしょうか。確かにこれまでのところ日本国債の値段が暴落したという事は一度もありません。瞬間的な値崩れはありましたがすぐに安定を取り戻しています。しかし、増え続ける日本の借金や今後の社会保障費の増大を考えると必ずしも安全性を盲信できる状況ではないのではないでしょうか。

国債の安全性については専門家の間でも意見が大きく割れています。我々個人投資家も「国債を安全だと決めつけるのは危ない」という意識を頭の片隅には置いておくべきだと言えるでしょう。

掘り出し物を探すべし

honmono 2

社債については発行企業によって安全性は全く変わると考えてもよいでしょう。基本的には安全性が高い企業程金利を低めに設定しています。人気企業の社債は募集が始まるとあっという間に全て引き受け先が決まってしまいますので、情報サイトを小まめにチェックするようにしましょう。

また、優良企業にも関わらず知名度が低いために高めの金利設定となっている社債も稀にありますから、そのような掘り出し物にはある程度積極的に資金を投資した方が良いでしょう。

社債投資はクラウドファンディングと共通点もある

hennkinnsumu-zu

社債投資とクラウドファンディングには「資金を貸す」という意味で共通点が多く性質も似ているといえます。この2つを投資の軸として据えると全体として収益は安定するはずです。社債とクラウドファンディング。この2つの情報に対しては常にアンテナを高くしておくべきだと考えます。

クラウドファンディングは使い勝手の良い投資商品

クラウドファンディングは他の投資商品と比べて最終的な利回りを予測しやすいため収益を安定化させる事ができます。また、社債のようにいつ、どのようなチャンスがあるか分からないという事もなく、1年間を通して投資先が枯渇するという心配もありません。

そこで、クラウドファンディングに資金全体の50%程度をあてつつ、超長期の投資信託と社債投資にそれぞれ25%程度を充てるというポートフォリオはかなり安全性が高いと考えられます。

クラウドファンディング内では不動産型をベースとしつつ、中小企業型や海外型を多少混ぜる程度で利回りはそれなりに高い数字をキープできるはずです。また、投資信託はクラウドファンディングと投資対象が被らないように注意し、社債投資については常に掘り出し物が見つかった場合の事を考え資金に余裕を持たせておきましょう。

前月の口座開設数ランキング

国内業者比較

人気クラウドファンディング業者ランキング

1位 クラウドクレジット

迷ったらまずはここに口座開設!担保付きファンドも多く、最高水準のリターンが望めます!

平均利回り前月応募数注目度
2位1位1位
業者詳細はこちら
無料口座開設

2位 ラッキーバンク

新規ファンドはすぐに即完!抜群の安定感で利回りを得たい方は必ず口座開設しておきたい業者です。

平均利回り前月応募数注目度
5位3位2位
業者詳細はこちら
無料口座開設

3位 オーナーズブック

国内不動産に特化した業者。運営元の知識やノウハウが豊富なため、手堅い運用ができると人気。

平均利回り前月応募数注目度
15位2位3位
業者詳細はこちら
無料口座開設

自分のスタイルにあった業者を選ぼう