人気業者特集
クラウドクレジットのすべて
  • 金利10%以上のファンド多数
  • 初心者に優しい最低投資額 10,000円
  • 為替ヘッジで過去には利回り28%にも!

投資収益シミュレーション

投資額(10,000円~)を入力すると
運用後の収益額が表示されます

投資予定額
利回り 12.9%
運用期間 13か月
収益

算出例:【ロシアルーブル建て】
マイクロローン事業者ファンド11号

ビットコインの仕組みと利用方法を簡単解説!電子マネーとの違いは?

ビットコインの仕組みと利用方法を簡単解説!電子マネーとの違いは?

投資に興味のある人であれば絶対に無視できない存在なのが「ビットコイン」ではないでしょうか。登場してからまだ年数は浅いのですが、投資家の数は日々増えていますしその値動きのダイナミックさから熱狂的なファンも多いのです。

ただ、その一方で値動きが不安定で損をしてしまう可能性も高いといった問題もあるようですが最近では単なる投資ツールとしてだけではなく、実際のお金のように決済手段としても活用できる場面が増えているようです。

今回はビットコインの基本的な仕組みや、決済手段として電子マネーとの比較を通じ、もっともっとビットコインに関する知識を学んでいきましょう。日本ではやや出遅れ感のあるビットコインだからこそ、まだまだ先行者利益が残っていると考えられるのです!

ビットコインの基礎知識

ビットコインと聞いてもなんとなくイメージは湧くけどピンとこない。そんな人がほとんどではないでしょうか。ビットコインは物理的な存在ではありませんから、あくまでもデータとして理論上誰かの口座に残高としてあるだけのものです。物理的に所有することはできませんから、常に「誰が」「いくら持っている」のかをビットコインを管理する世界中のコンピューターが同期をとりながら認識しておく必要があるのです。

日本人が考えた?ビットコイン

ビットコインを考案した人物というのは実は特定されていません。ビットコインの始祖は謎のベールに包まれたままなのです。ただ、一説によるとそれは日本人なのではないか?とも噂されています。ビットコインとはそもそも日本人にこそ身近な存在なのかもしれません。

※ちなみにその人物の名前は「ナカモト サトシ」。ただし、偽名であるという説や、この人物が過去に一切日本語を使用した記録が無いなど、本当に日本人であるかどうかは誰にもわかりません。

お金は手で触ることができ、人から人へ手渡しで決済できる。そんな前提はビットコインや電子マネーの普及によって完全に過去のものになろうとしています。既にお金のやり取りはほとんどデータとして電子決済だけでも何も不便のない世の中になろうとしています。そんな中でビットコインも急速にその存在価値が高まっているのです。

ビットコインは最先端技術の集合体

ビットコインは実は最先端技術を数多く結集することによって世界全体で管理されています。ビットコインには「ブロックチェーン」という技術が使われているのですが、これは世界中に分散されたビットコイン管理用のコンピューターをリアルタイムで接続し、常にビットコインの受け渡しをリアルタイムで記録しながらその情報の同期をとっているのです。

このブロックチェーン技術が実現されたことにより、ビットコインの存在に健全性が担保されたわけです。データ上だけの存在であるビットコインの最大の敵は「データ改ざん」です。しかし、たとえ一台のコンピューターがハッキングを受けたとしても、他の管理コンピューターのデータと齟齬が生まれてしまいますから瞬時に不正が発覚するというです。

現状は投資商品としての意味合いが強いが…

ビットコインが登場して間もないころ、その斬新かつ柔軟な仮想通貨としての価値を誰もが正確に測りかねていました。つまり、ビットコインにはどのくらいの価値があるのか。もしビットコインでものを買ったり、現実通貨と交換するならどのくらいの交換比率(レート)が適正なのか。誰にもわからなかったのです。

そこで、まずはビットコインを投資対象物として扱う取り組みがスタートしました。現在でもビットコインを所有するという事は、それを使って何か買い物をするというよりも価値の上昇を期待する投資対象物としての意味合いが強いといえます。

しかし、その流れにもようやく変化が起き始めました。少しずつではありますが、ビットコインが決済手段として認められる場面が増えてきたのです。

利便性の高さからその投資商品としての価値が上昇し続けているビットコイン。最先端テクノロジーによって生まれた仮想通貨は今後も様々な方面に可能性を広げそう!

ビットコインはお金のように使える!

ビットコインに対する認知度や信頼度が高まるにつれて、ようやくビットコインを本来の目的である「通貨」として使える場面が増えてきました。

通貨として使える場面が増えるということはそれだけ利便性が高まるということでもあり、そうなると更にビットコインの価値が上昇することになります。現在はまだまだビットコインの普及期ですから更に価値が上がっていくと考えられているのです。

既に投資対象だけではなくなったビットコイン

ビットコインは決済手段としてどんどんその可能性を伸ばしています。例えば、DVDのレンタルや動画配信で有名な「DMM.com」や家電や日用品を扱う「Touch Mall」ではビットコインを使っての決済が行えます(両方共、日本国内企業です)。

また、AmazonやiTunesでもビットコインは使えますし海外ではスタバやサブウェイ、バーガーキング、ファミマでもビットコインによる決済ができるのです。日本ではITと金融を融合させたフィンテック技術にようやく光が当たり始めましたが、様々なハードウェアが電子決済に対応可能となると今後一気にビットコインによる支払い可能店舗も増えると予想されているのです。

電子マネーにも似てる?ある意味もっと便利!

ビットコインは電子マネーにも似ていますよね。利用者としてはあまり違いを意識する場面はないかもしれませんが、よくよく考えてみればビットコインは電子マネーよりも遥かに便利なのです。

冒頭で解説した通り、ビットコインにはブロックチェーンという技術が採用されており、世界中のコンピューターが上下の序列無しに等しいレベルで相互監視を行っています。これによってクレジットカード会社や電子マネーの発行会社のような「明確な管理者」が必要とされていないのです。つまり、消費者と販売店の間に第三者を挟む必要がないためコストがとても安く済むのです。

例えばクレジットカードの場合、間に信販会社が入りますから店側は手数料として5%前後取られてしまいますよね。このコストが必要なくなるわけです。同様の理由で電子マネーよりもビットコインは利便性が高いと言えるのです

広がるビットコインの決済手段。今後は日本でも電子マネーをチャージする代わりにビットコインをチャージするようになるかも?

ビットコインは世界通貨となり得るか

ビットコインは世界通貨となり得るのでしょうか。通貨といえば現状では米ドルが世界の基軸通貨として認識されています。国力の弱い発展途上国等では自国通貨よりも米ドルの方が価値が高かったり流通量が多かったりするくらいなのです。

果たしてビットコインは無国籍であるという特徴を活かして更なる飛躍を遂げることができるのでしょうか。

利便性拡大は間違いない!

ビットコインの利便性は高く、既にご紹介した通り徐々に現実世界での決済手段として普及しはじめています。懸念されていたセキュリティやデータ改ざんの心配も極めて小さくなった今、ビットコインに更なる市民権を与えても良いのではないかという風潮が世界的にも強まりつつあるのです。

おそらく日本でも今後どんどんビットコインを使う場面は増えてくることでしょう。なんだかんだで電子マネーも一般的になりましたしビットコインを否定する理由も見当たりません。むしろ電子マネーによって電子決済の手段がハードウェア的にも解決され、それを利用する形でビットコインが一気に広まる可能性も高いと言えるのではないでしょうか。

リアルカレンシー(現実通貨)は越えられない?

可能性いっぱいのビットコインですが、現実通貨を越えられるかといえば実は話はそう単純ではありません。

通貨、貨幣というのはその発行する国によって価値が裏付けられています。日本の「円」であれば日本ではいつ、どこでも、24時間、物やサービスと引き換えることができます。そして日本円の価値、すなわち他の通貨との交換レートは日本の国力そのものによって担保されているわけです。

逆に言えば日本という国が人的、物理的に成長すればするほど日本円の価値は高くなります。このような裏付けがリアルカレンシーにはあるのです。

一方、仮想通貨であるビットコインはどうでしょうか。ビットコインは特定の機関や国が発行したお金ではありません。ですからその価値は大変不安定なものなのです。

現状ではビットコインはその利便性の高さや安全性の高さから価値が上昇し続けています。ただ、現実通貨を駆逐するレベルまで発達するかについては難しいと言わざるをえないというのが私の見解です。

ビットコインは確かに特殊な存在であり今後も独自のポジションをキープするのは間違いありません。例えるならビットコインはかつての金、つまり「ゴールド」のような存在と言えるのではないでしょうか。金本位制が無くなった現在でもゴールドは価値を多少上下させながらも投資対象や資産逃避先として利用され続けています。

ビットコインもゴールドのように、もしくはゴールドより換金性の高い仮想通貨としてその存在感をもうしばらくは高め続けるのではないでしょうか。

現実通貨とビットコインは住み分け可能!投資の一部としてビットコインを利用するのは大いにアリなんです!

前月の口座開設数ランキング

国内業者比較

人気クラウドファンディング業者ランキング

1位 クラウドクレジット

迷ったらまずはここに口座開設!担保付きファンドも多く、最高水準のリターンが望めます!

平均利回り前月応募数注目度
2位1位1位
業者詳細はこちら
無料口座開設

2位 ラッキーバンク

新規ファンドはすぐに即完!抜群の安定感で利回りを得たい方は必ず口座開設しておきたい業者です。

平均利回り前月応募数注目度
5位3位2位
業者詳細はこちら
無料口座開設

3位 オーナーズブック

国内不動産に特化した業者。運営元の知識やノウハウが豊富なため、手堅い運用ができると人気。

平均利回り前月応募数注目度
15位2位3位
業者詳細はこちら
無料口座開設

自分のスタイルにあった業者を選ぼう