人気業者特集
クラウドクレジットのすべて
  • 金利10%以上のファンド多数
  • 初心者に優しい最低投資額 10,000円
  • 為替ヘッジで過去には利回り28%にも!

投資収益シミュレーション

投資額(10,000円~)を入力すると
運用後の収益額が表示されます

投資予定額
利回り 12.9%
運用期間 13か月
収益

算出例:【ロシアルーブル建て】
マイクロローン事業者ファンド11号

ビットコイン投資とは?クラウドファンディングとの違いと共通点

ビットコイン投資とは?クラウドファンディングとの違いと共通点

一時期、大きな社会現象にまで発展した「ビットコインブーム」最近ではニュースとして取り上げられる機会は少なくなったものの、決済の手段としてだけでなく投資対象として人気となっているようです。

今回はこのビットコイン投資と、やはり最近人気となっているクラウドファンディング投資の共通点や違いについて解説していきましょう。仕組みは全く異なる二つの投資方法ですが、組み合わせて投資することによってよりポートフォリオに柔軟性を持たせることが可能となるのです。

ビットコインは仮想通貨?投資ができるの?!

ビットコインがこの世に誕生した際、話題となった大きな理由は「特定の国家が発行した通貨ではない」という点と、「物理的な存在ではなく、仮想通貨である」という点でした。ビットコインはインターネット上にのみ流通する通貨であり、直接手で触れることはできません。つまり「データ」なのです。

ビットコインは特定の国が供給量を調節したり、国籍によって利用が制限されるということはありません。言い換えるなら「世界通貨」のような存在です。通貨にとって最も重要かつ価値を決定づける大きな要因は「流動性」です。使いたい時にいつでも使うことができ、誰もがその価値を認めている…そんな通貨こそ高い評価を受けますし、これまでの社会では「米ドル」がその役割を担っていました。

しかし、ビットコインは徐々にそんな米ドルの存在に取って代わろうとしているのです。そして、ビットコインの存在感が増せば増すほど多くの人が「ビットコインを欲しがる」という状況が起き、ビットコインの価値が増しているわけです。

ビットコインの安全性

価値が増す、という事は投資対象として考えてもとても魅力的であると言えるわけです。ビットコインはブロックチェーンという技術によって誕生しました。ここでは詳細は述べませんが(あまりにも難解であるため)、簡単に説明すると「ビットコインの全取引履歴を時系列に記録するシステム」のことです。ビットコインは物理的には存在しませんから「誰」が「いくらの」ビットコインを持っているかはデータ上の記録で確認するしかありません。つまり、データが改ざんなどされればビットコインの価値は一瞬で地に落ちてしまうのです。

これを防ぐための技術がブロックチェーンです。ブロックチェーンによって記録されたビットコインの取引履歴は常に世界中のサーバー同士で同期が取られ矛盾が無いかどうかがチェックされているのです。

また、ビットコインは発行最大量が2100万までと決められています。これによって一般の通貨のように大量発行による価値の下落(インフレ)が起きないようになっているのです。データの健全性の担保と、発行量の上限が決められているからこそビットコインは通貨として機能しているというわけです。

ビットコインは外貨投資と同じ感覚で

ビットコインに投資する、という事はつまり「ビットコインを購入する」という行為とほぼ同義です。我々の持っているお金はほとんどが「日本円」ですから、日本円とビットコインを交換する」と表現することもできますね。これはFXトレードの経験がある人であればとてもイメージしやすいと思います。ビットコイン投資は、外貨投資と同じような感覚で行うことができるのです。

★最新の金融理論とシステムによって生まれた仮想通貨のビットコイン!外貨投資と似たような感覚で始められる!★

ビットコイン投資の始め方と注意点

最もオーソドックスなビットコイン投資の始め方は「取引所でビットコインを購入する」という方法になります。前述した通り、ビットコインは外貨と同じような感覚でトレードすれば良いのですが、FXのようなインターバンク市場ではなく、個別の取引所が設置されていますのでそこで売買を行うことになります。ただ、個別の取引所、とは言っても実際には取引所間でビットコインに価値の差が発生することはほとんどなく、取引高の多い取引所を選べば何も問題はありません。

まずは取扱業者にアカウントを持つ

多くのビットコイン取引所は「取引業者=取引所」となっています。つまり株式でいう私設取引所のような仕組みですね。業者によって完全にトレーダーや投資家だけでレートを決定し、売買をしているケースと、マーケットメイカーが値付けを行っているケースの二通りがあるようです。

ビットコインを実際に買い付ける場合はクレジットカードが利用する人が多いようです。他の金融商品のように口座に入金しておいたお金でビットコインを買い付けるのではない点がユニークですね(デポジットで買い付ける業者もあります)。

ビットコインの価格変動はネット上でチャートを確認することによって知ることができます。長期投資を狙う人であれば毎月日本円で定額を買い付けるドルコスト平均法が向いていますし、短期間での利鞘を狙う人であればテキパキと売買を繰り返すべきです。ただ、売買の数が多ければ多いほど手数料などの執行コストが嵩みますからそのあたりは気をつける必要がありますね。

急な値動きに注意!まだまだ不安定なビットコイン

ビットコインは大変魅力的な投資商品ではありますが、まだまだ値動きが不安定で危なっかしい局面が多いのは要注意すべき点です。例えば今年、2017年1月5日には突如ビットコインの価格が20%も下落してしまいました。この急落の背景には人民元価格の上昇及び、中国人投資家のビットコイン売り・人民元買い戻しの動きがあったと見られています。通常の通貨であれば一瞬で20%も価格変動することは考えられません。ビットコイン市場に今後価格安定化のための何らかの仕組みが追加されるかどうかは不透明ですが、いずれにせよ現時点ではビットコインの値動きは相当不安定であると認識しておくべきですね。

★意外と簡単に始められるビットコイン!ただし相場はまだまだ不安定なようです★

クラウドファンディングとの違いと共通点

では次に、やはり最近人気急上昇中のクラウドファンディングとビットコイン投資を比べてみましょう。仕組みや目的が違いますから優劣をつけることは出来ませんが、その違いと共通点をしっかり押さえておくことでそれぞれ役割分担をさせながら最適なポートフォリオを形成することができるのです。

どちらも新しい投資のスタイル

クラウドファンディングとビットコインの共通点はやはりどちらもまだまだ歴史が浅い、新しい投資方法である点です。そのため絶対の必勝法というものがまだ確立されていませんし、個人投資家と機関投資家の実力差があまり無いため「勝ちやすい」という言えます。実際、株式やFXといったメジャーな金融商品ではどうしても個人投資家は大手のヘッジファンドなどには勝つことはできません。

クラウドファンディングはクラウドファンディング業者を介して資金ニーズのある事業者にお金を融資し、その利息によって収益を得るという投資方法です。つまりビットコインそのものの価値の上下をトレードし利益を狙うビットコイン投資とは根本的に違うわけです。クラウドファンディングはローリスク・ローリターン。ビットコインはハイリスク・ハイリターンな投資方法というわけです。

価値の裏付けの有無

また、投資商品としてはその背景に価値の裏付けがあるかどうかもクラウドファンディングとビットコインでは違うと言えます。通常、投資商品には何らかの価値の裏付けが存在します。クラウドファンディングであれば融資先企業が設定する担保や保証、あるいは借用書が該当します。株式であれば企業そのもの。外貨の場合はちょっと難しいですが発行国の国力や国債がその価値を裏付けている、と言えるわけです。

しかしビットコインの場合は特定の発行体がありませんので価値の裏付けが無いのです。つまりビットコインの価値とは流動性とシステム的な安全性のみで成り立っているわけです。極論を言ってしまえば、ある日突然多くのビットコイントレーダーが「もうビットコインは要りません」と言い出せばその瞬間価値は雲散霧消してしまいます。ある意味、ビットコインとはとても儚い存在と言えるわけです。

★新しい投資スタイルのクラウドファンディングとビットコイン。ただしその方向性は全くの正反対なのです★

安全性で選ぶならクラウドファンディング!

もしあなたが安全性を優先させるのであれば投資対象としてはクラウドファンディングをメインとすべきです。逆にハイリスク・ハイリターンで一気に大金を稼ぎたいと思うのであればビットコインを選択すべきでしょう。また、そのちょうど中間地点。リスクとリターンのバランスをちょうど良いものにしたいと考えるのであれば、この二つの金融商品に対してそれぞれ適切なサイズのポートフォリオを組むべきなのです。

安全・安定性で選ぶなら絶対クラウドファンディング

多くの初心者投資家は「とりあえず確実に利益を得たい」または「損をするのは絶対嫌だ!」と考えています。確かに、せっかくお金を増やそうと意を決して投資を始めたのに、損失になってしまったら元も子もありませんよね。

損をしたくない、あまり大きな利益でなくても良いからとにかく儲けたい、そう考える人は絶対にクラウドファンディングがオススメです。クラウドファンディングは現在のところ全社に渡ってほぼ勝率が100%。今後、海外の個人向け案件に一部返済遅延の懸念が発生しているものの、現状日本で何かしらの投資をするにあたっては一番安全な金融商品と言えるのです。

アクティブ投資の一部としてビットコインも活用

一方、ミドルリスク・ハイリターンを狙うのであればポートフォリオの一部にビットコインを含めるのも大変良いアイディアです。先程、ビットコインの価値が急落した事例を紹介しましたが、逆に言えばちょっとしたきっかけで一気に価値が爆ぜる可能性も大いにあるわけです。ある意味、株式の宝くじ銘柄を発掘するのに似た期待感を得ることができるわけですね。

資産の全てを100%ビットコインに投入するなどといったことは決してオススメしませんが、10%~30%程であればビットコイン市場で勝負してみるのも夢があって良いと思いますよ。

★安全性ならクラウドファンディングの圧勝!ただし、ビットコインで夢を追うのもアリかも???★

前月の口座開設数ランキング

国内業者比較

人気クラウドファンディング業者ランキング

1位 クラウドクレジット

迷ったらまずはここに口座開設!担保付きファンドも多く、最高水準のリターンが望めます!

平均利回り前月応募数注目度
2位1位1位
業者詳細はこちら
無料口座開設

2位 ラッキーバンク

新規ファンドはすぐに即完!抜群の安定感で利回りを得たい方は必ず口座開設しておきたい業者です。

平均利回り前月応募数注目度
5位3位2位
業者詳細はこちら
無料口座開設

3位 オーナーズブック

国内不動産に特化した業者。運営元の知識やノウハウが豊富なため、手堅い運用ができると人気。

平均利回り前月応募数注目度
15位2位3位
業者詳細はこちら
無料口座開設

自分のスタイルにあった業者を選ぼう