人気業者特集
クラウドクレジットのすべて
  • 金利10%以上のファンド多数
  • 初心者に優しい最低投資額 10,000円
  • 為替ヘッジで過去には利回り28%にも!

投資収益シミュレーション

投資額(10,000円~)を入力すると
運用後の収益額が表示されます

投資予定額
利回り 12.9%
運用期間 13か月
収益

算出例:【ロシアルーブル建て】
マイクロローン事業者ファンド11号

ビットコインでソーシャルレンディング|金利15%超のリスクとは?

ビットコインでソーシャルレンディング|金利15%超のリスクとは?

ビットコインでソーシャルレンディング 15%超利回りに潜むリスク

業者を介して個人が融資を行うソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)は現在日本でもようやく一般的になり始めた投資方法です。人気の秘密はとにかく安全性が高い事。買った物の値上がりを期待する普通の投資(株式やFX等)とは違い、融資先の財務がある程度健全であれば元本は毀損しませんし、ちゃんと返済時には利息が得られるのです。

このソーシャルレンディングをビットコインでもやってみようという投資方法が最近話題になっています。ビットコインといえば最新のIT技術を駆使して開発された仮想通貨のことですが、想定利回りが15%を超える案件もあるようなのです。

今回はソーシャルレンディングとビットコイン、それぞれの投資について解説するとともに、ビットコインとソーシャルレンディングを組み合わせる場合の問題点にも言及していきたいと思います!

安全なソーシャルレンディングとリスキーなビットコイン

安全なソーシャルレンディングとハイリスクハイリターンなビットコイン。この二つの融合というアイディアは一見、良さそうにも感じられるのですが問題はないのでしょうか。実は高利回りが標榜されてはいるものの損失が発生してしまい撤退する投資家も多いようなのです。まずはソーシャルレンディングとビットコインの特徴について改めておさらいしてみましょう。

ソーシャルレンディングは最も安全な投資方法

ソーシャルレンディングは最も安全な投資方法

ソーシャルレンディングは当初設定された通りの利回りを大きく上回って儲けることはほぼ不可能だと言えます。ソーシャルレンディングでの利益は、資金の借り手が支払う「利息」ですからそれも当然ですね。誰だって利息を余分に払おうとはするはずがありません。

一方で、融資というのは返済義務のある契約ですから、株式のように価値が市場の人気投票によって決まるということはありません。粛々と契約内容にもとづいて返済が行われるわけです。倒産したりよほど財務状況が悪化しない限りは普通に返済は執行され続けますので、まず損失の心配はありません。悪く言えばとても地味な投資方法ですが、安定感で言えば最強だと言えるのです。

ビットコインは良くも悪くも超リスキー!

ビットコインは良くも悪くも超リスキー!

対するビットコインはどうでしょうか。ビットコインの価値は現状とても不安定で、急激に上昇することもあれば逆に暴落することも珍しくありません。ビットコインは仮想通貨であり、国家の裏付けがあるような一般的な通貨とは違いますからとにかく値動きが激しいのです。

つまり、ソーシャルレンディングと比べると真逆の存在と言えるでしょう。ビットコインとソーシャルレンディングを組み合わせた商品は想定利回りが15%以上に設定されているものも見受けられますが、現状20%以上の利益を手に入れられるとも言えますし、逆に大きな損失となる可能性も全く否定できません

★正反対の性質を持つソーシャルレンディングとビットコイン。ゲーム感覚で楽しい投資が出来そうな反面、落ち着いて資産形成を進めるには不向きなようです!★

想定利回りはあてにならない!

タイトルにもある通り、ビットコインによるソーシャルレンディングでは想定利回りがかなり高く設定されています。国内の通常のソーシャルレンディング案件であればだいたい5%~8%程度。海外向け案件でも最高で13%程度が安全に投資できる上限と言えます。つまり15%というのは相当高い利回り設定であり、その背景にはかなりのリスクが内在していると考えるのが妥当なのです。

ビットコインの値動き率の方が大きい!

ビットコインの値動き率の方が大きい!

ソーシャルレンディングというのは融資に対する利息が利益の源泉ですから、そうそう高い利回りというのは望めません。借り手にも十分メリットがある現実的な数値としてはやはり10%程度までが安全と言えるでしょう。すなわち15%という利回りの5%分はかなり無茶なリスクを取っているか、もしくはビットコインという金融商品の値動きが不安定な分をある程度上振れ要因として過大評価していると考えられるのです。

筆者はビットコインが決して投資商品として低品質だと言っているわけではありません。ただ、値動きが不安定でありじっくりと長期間投資をするのに向いたソーシャルレンディングという金融商品とは組み合わせるのに向いていないのではないかと考えるのです。ビットコインのハイリスクとソーシャルレンディングのローリスクを合体させることでちょうど良いミドルリターンな金融商品が完成するほど甘い投資の世界ではありません。この二つはあまりにも投資における時間軸に違いがあるのです。

利回り予想は本当に難しい…

利回り予想は本当に難しい…

そもそも利回り予想というのは本当に難しいのです。ビットコインの絡まない通常案件であっても海外向けであれば為替リスクがあるため損益は安定しません。ビットコインによるソーシャルレンディングは当然海外向け案件がメインになりますし、為替よりもビットコインは更に値動きが大きいので利回り予想の難易度は想像を絶する物があります。ビットコインに対して長期的な投資を行う行為のヘッジとしてソーシャルレンディングが付加されている…そのくらいの感覚で適当なくらいです。

★ビットコインによるソーシャルレンディングでは提示されている利回りはほとんど意味がありません。ソーシャルレンディングの利回りよりもビットコインの値動き率の方が大きいと考えられるからです!★

日本人には敷居が高い?初心者には難しい!

ここまでネガティブな内容が多めになってしまいましたが、繰り返しになりますがビットコインが悪い商品だと言うつもりは一切ありません。しかし敷居が高いのは事実ですね。英語に長けた投資熟練者であれば十分立ち向かえるかもしれませんが、以下に挙げる内容を読めば「自分にはちょっとまだ早いかな」と感じる人がほとんどなのではないでしょうか。

ビットコインによる融資は原則海外向け

ビットコインによる融資は原則海外向け

ビットコインでは日本ではまだまだ普及しきっていません。決済手段として使える店舗やネットサービスも増加傾向にはありますがそれもほんの一部といった状況です。日本では決済通貨として使えないのであれば投資商品としてしか価値のないビットコインですが、海外では状況が違います。米国や欧州では既に大手コーヒーチェーン店などでも普通に決済手段として利用可能。やはり電子マネーやクレジットカードにアレルギーのない国や地域は先進的ですね。

このような国のトレーダー達と日本人トレーダーが対等に戦うおうとしてもどうしても情報量の差によって厳しいゲームいなってしまいます。ビットコイン投資は海外事情に相当詳しいトレーダーでなければなかなか難しいのです。

ビットコインの価格動向は読みにくい!

ビットコインの価格動向は読みにくい!

ビットコインとソーシャルレンディングのそれぞれの利点を活かしたいのであれば、初心者であればこれらは別々に投資した方が闘いやすくなります。つまりビットコインはビットコイン単独で。ソーシャルレンディングはソーシャルレンディング単独の案件で、という事ですね。無理に合体させてもリスクばかりが大きくなってしまうのです。

★ビットコインは海外投資と同様、もしくはそれ以上に難しい!どうしてもやりたい初心者はビットコインは単独で投資するようにしよう!★

急ぐ必要無し!市場の成熟を待とう

日本人がビットコインによるソーシャルレンディングで利益を得るためにはもう少し市場の成熟が必要であると考えられます。日本ではまだまだソーシャルレンディング自体が普及期にあり、今後どんどん市場の拡大が見込まれています。ビットコインによるソーシャルレンディングも今後の展開次第では国内向け案件の一つとして開始される可能性もあるのです。

ビットコインは魅力的な投資先だが…

ビットコインは魅力的な投資先だが…

ビットコインは最新のテクノロジーがフルに活用され、生まれた仮想通貨です。国境がありませんからどの国でも使うことができます。日本からAという国やBという国に旅行する場合、相手国の通貨に両替をしなくてはなりませんが、仮想通貨が日本でも普及すれば両替による為替リスクや手数料を気にする必要もなくなります。

このように、特に新興国や発展途上国ではビットコインに対する期待や関心は高いのです。東南アジアや南米、アフリカの国々が今後経済発展していく過程でビットコインはその価値を高め続けると予想されています。ですから、今のうちからビットコインをたくさんキープしておこうという投資行動には一定の合理性があるわけです。

ソーシャルレンディングの普及が先!

現実問題として、ソーシャルレンディングに集中するというのが日本の投資家のとるべき行動としては先だろうと考えます。日本人は「借りた金は返す」という誠実な気質を他国の人々に比べて高いレベルで持っています。ですから、国内向け案件は非常に安定的で利回りに対してむしろ低リスクな商品なのです。

国内向け案件だけでもたくさんのバリエーションがありますし案件数も出回っています。メインは国内向けソーシャルレンディングに資産を振り分け、それでも残った分についてはビットコイン単独で投資するのがバランスが良いと言えるのです。

★ビットコインを毛嫌いする必要はありませんが、現状ではソーシャルレンディングに力を入れる方が先!ですね。国内向け案件は日本人の性格を反映して、とても安全性が高く、利回りに比べて低リスクなのでオススメなのです。★

前月の口座開設数ランキング

国内業者比較

人気クラウドファンディング業者ランキング

1位 クラウドクレジット

迷ったらまずはここに口座開設!担保付きファンドも多く、最高水準のリターンが望めます!

平均利回り前月応募数注目度
2位1位1位
業者詳細はこちら
無料口座開設

2位 ラッキーバンク

新規ファンドはすぐに即完!抜群の安定感で利回りを得たい方は必ず口座開設しておきたい業者です。

平均利回り前月応募数注目度
5位3位2位
業者詳細はこちら
無料口座開設

3位 オーナーズブック

国内不動産に特化した業者。運営元の知識やノウハウが豊富なため、手堅い運用ができると人気。

平均利回り前月応募数注目度
15位2位3位
業者詳細はこちら
無料口座開設

自分のスタイルにあった業者を選ぼう