人気業者特集
クラウドクレジットのすべて
  • 金利10%以上のファンド多数
  • 初心者に優しい最低投資額 10,000円
  • 為替ヘッジで過去には利回り28%にも!

投資収益シミュレーション

投資額(10,000円~)を入力すると
運用後の収益額が表示されます

投資予定額
利回り 12.9%
運用期間 13か月
収益

算出例:【ロシアルーブル建て】
マイクロローン事業者ファンド11号

よく聞くフィンテックとは何?クラウドファンディングとの関連性は?

よく聞くフィンテックとは何?クラウドファンディングとの関連性は?

テレビニュースや新聞、一般雑誌でも最近よく目にするキーワード「フィンテック」。なんとなく分かっているようで実はピンときていないという方も多いのではないでしょうか。このフィンテックは何も私たちの生活から遠い所にある技術ではありません。むしろ既に我々の生活にとても密着し、溶け込んでいるテクノロジーなのです。

今回はこのフィンテックについて改めて解説するとともに、投資やクラウドファンディングとの関連性について解説していきます。フィンテックを知ることでよりリアルに未来の投資をイメージすることができますし、ライバルに先んじて利益を得られるヒントになるかもしれません。

金融業界大注目のフィンテックとは?!

そもそもフィンテックとは金融を意味する「ファイナンス」という英語と、技術を表す「テクノロジー」という二つの言葉を合体させて生まれた言葉です。アメリカではかなり前から話題となっていましたが、日本でも2014年頃から徐々に新聞等で目にする機会が増えてきました。

金融とテクノロジーを融合させるというと何やらとんでもない大掛かりな技術のように感じますが、実は我々のとても身近なところに既に利用されています。例えばネットバンク。最近では実店舗を全く持たない完全にネット上だけの存在となっている銀行もありますが、これも立派なフィンテックです。

昔は情報の管理や移動が全て物理的な制限を受けていましたが現在ではネットとIT技術の発達により様々な鎖から開放されています。これと同じように、お金の管理や移動、活用方法もフィンテックの発展によって全く新しい次元へと昇華しようとしているというわけです。

進むフィンテック技術!

ここ最近、急速に広がった技術といえばやはりおサイフケータイや、電子マネーでしょう。「いかに手軽に決済するか」というのは一般消費者とお金の接点として最も頻度が高く、消費行動そのものにまで影響を与えることができる部分だからです。

今やスマホは財布よりも携帯率が高いというデータもあります。外出時にはスマホと家の鍵さえあればいいという人も多いのです(スマホを電子キー代わりにする技術も登場しています)。つまり、物を売る側としてもこのような消費者の行動の変化に合わせなければなりませんから、必然的に決済インフラが急速に発達し、その結果フィンテック技術の大きな可能性がより一層広がることとなったのです。

今後、スマホ等の情報端末の性能が上がり、日本ではやや遅れていると言われている公衆無線LANが日本全国津々浦々まで広がれば更にフィンテックの活用は進むはずです。そして物理的な「お金」はますます姿を消すことになるかもしれません。

身近なフィンテックの利用例

それでは身近なフィンテックの利用・活用例をもっと見てみましょう。先程おサイフケータイや電子マネーを例に挙げましたが、最近ではカメラでレシートを自動で読み取り、その内容を家計簿ソフトへ記入してくれるアプリケーションも登場しています。これまでは電子決済した商品やサービスについてはデータ管理がしやすいものの、現金で決済したものについては自分の手でメモを取るなり、パソコンに入力するしか方法がありませんでした。ところが、カメラの性能や文字認識力の向上とフィンテック技術が融合することによって、家計のお金の管理がより効率的に行えるようになったのです。

このようにフィンテックは決済以外の面でも活用されています。では次の項では未来のフィンテックについてどのように進化していくのかいろいろと予想してみましょう。

フィンテックとは「ファイナンス+IT」のこと。お金もIT技術で管理する時代がやってきたのだ!

フィンテックの未来予想図

日進月歩で進化するフィンテック。予想した未来を超える現実が待っているかもしれません。では、既に開発が進み間もなく登場するであろうフィンテック技術や、法整備さえ完了すれば技術的には実現間違い無しと考えられるサービスをいくつかご紹介していきましょう。

全部入りカードが出来ちゃうかも?!

技術革新によって金融とITの融合・進化は更に進むはずです。現在のところほぼ開発が確定していると言えるのが「全部入りカード」ですね。これは銀行などのキャッシュカードやクレジットカード、電子マネー用のカードなど、複数企業のカードを全て登録して一枚で使い分けのできるカードの事です。当然、この技術が更に進化すればスマホに同じ機能を持たせることも可能でしょうし、先程少し触れましたが自宅の電子キーをスマホに連結することもできます。つまり家から持ち出すのはスマホ一つで、それ以外は何も必要ない、そんな時代がやってくるわけです。

家計簿ソフトが進化し国民総確定申告も?

上述した家計簿ソフトが進化するとマイナンバー制度と連携をとることによって簡単に確定申告を行えるようになるかもしれません。すると源泉徴収という他国ではあまり見ない制度は姿を消し、国民が自分の所得金額や納税に対してもっと高い意識を持つようになるかもしれないのです。

話はややそれますが、日本は大多数の人が源泉徴収によって所得税を納めているため、あまり納税者としての意識が高くありません。それ故に、税金の使い道についてもあまり深く考える機会が少なく、政治に対する無関心にも繋がっていると指摘されています。国民一人ひとりが確定申告をするのが当たり前の社会になれば、このあたりの問題が一気に解決するかもしれません。それだけ、フィンテックにはとても大きな可能性と期待が寄せられているのです。

その他、自分のあらゆるジャンルの購入品を登録し、ネットオークション等と連結させる事で高値で売れる可能性の高い物品をリアルタイムで教えてくれるサービス等も考えられます。バーコードをカメラで撮ることによって物品データベースが作られれば大手オークションサイトとの連携で意外と簡単に実現するかもしれませんね。

フィンテックの進化は我々の日常を大きく変える可能性も。利便性の追求とともにセキュリティの強化や担保も考えていく必要がある

クラウドファンディングとフィンテック

では次にクラウドファンディングとフィンテックについて考えてみましょう。クラウドファンディングは最近特に参加者が多く、盛り上がりを見せている投資方法ですが、投資の世界にもどんどんフィンテックの波は押し寄せてくるはずです。

既に株やFXの世界にはコンピューターに自動で売買を任せる仕組みが個人レベルにも広がっています。クラウドファンディングの場合は頻繁な売買は行われませんが、自分の既存ポートフォリオを分析し、リスク分散を狙う意味でどのような案件にいくらくらい投資すれば良いのかをAIが教えてくれる…そんなサービスの登場も考えられるのです。

案件カテゴリーにIT部門登場?!

現在は不動産・中小企業・エコ関連・海外向け、といったカテゴリーがメインとなっているクラウドファンディングですが、今後はAI開発やフィンテック事業者向け、といったIT関連に特化したカテゴリーが新設されるかもしれませんね。研究開発分野は常に資金を必要としていますし、ITは比較的ベンチャーが参入しやすい分野ですので高利回り商品として設定が行われても不思議ではありません。

将来的には新しいクラウドファンディング形態も

また、資金の融資を受ける事業者と投資家との間に存在するクラウドファンディング会社の役割も大きく変化するかもしれません。例えば、フィンテックの発達により、今よりも格段に事業者の情報を的確に掴むことができるようになれば、投資金額により利回りを変化させたり、クラウドファンディング用の対デフォルト保険などが作られるかもしれません。

単純に融資先の審査を行い、融資の実行を行うだけではなく、クラウドファンディング会社によって多彩なサービスが展開できるようになり差別化が図られるのではないでしょうか。もちろんこのような動きがあればそれは投資家にとってはプラスです。革新的なアイディアと技術力を持つクラウドファンディング会社が登場して欲しいですね。

クラウドファンディングもフィンテックは無関係ではない!むしろ積極的に利益に変えてやろうという意気込みが大切

フィンテックに関するまとめ!

最後にフィンテックについてまとめてみましょう。フィンテックとはファイナンスとITを融合させるための技術であり、現在急速に発展している分野です。その背景にはIT機器のハード面での性能向上や、物理的な現金ではなく、お金をデータとして扱う土壌が広く一般的となった事が挙げられます。

今までは考えもしなかったようなこと、夢物語としか思えなかったようなことが現実味を帯び始めているのです。

IT音痴は完全に時代遅れな世界へ

コンピューターが苦手。ITなんか分からない。そう思いながら日々を生きている人にとっては辛い社会となりそうです。ガラケーからスマホに変えるだけでも大騒ぎしていたような人、未だにメールが使えないというお年寄りはこれからはコストを支払ってでもサポートを受けなければ自分のお金を自由に使うことすらままならなくなってしまうかもしれないのです。

フィンテックの進化を望む若者と、逆に絶対に進化されては困るというお年寄り、これまでは「好きな人だけ利用すれば良い」と考えられていたIT技術やインターネット技術が、生活の根本に位置する「お金」の使い方にまで大きな影響を与えるのです。

クラウドファンディングの可能性も広がる

フィンテックの登場、そして進化によってクラウドファンディングの可能性も広がりそうですね!本当に素晴らしい事だと思います。

もちろん、フィンテックとクラウドファンディングの融合をしっかりと利益にするためには我々投資家も日々アンテナを高くし、最新情報を逃さないようにしなくてはいけませんね。そのために当サイトでもバンバンとクラウドファンディング、そして金融関係の有益な情報を発信していきたいと考えております!

今後フィンテックは確実にオモシロイ分野に!投資家は最新情報を逃さないよう気をつけるべし!

前月の口座開設数ランキング

国内業者比較

人気クラウドファンディング業者ランキング

1位 クラウドクレジット

迷ったらまずはここに口座開設!担保付きファンドも多く、最高水準のリターンが望めます!

平均利回り前月応募数注目度
2位1位1位
業者詳細はこちら
無料口座開設

2位 ラッキーバンク

新規ファンドはすぐに即完!抜群の安定感で利回りを得たい方は必ず口座開設しておきたい業者です。

平均利回り前月応募数注目度
5位3位2位
業者詳細はこちら
無料口座開設

3位 オーナーズブック

国内不動産に特化した業者。運営元の知識やノウハウが豊富なため、手堅い運用ができると人気。

平均利回り前月応募数注目度
15位2位3位
業者詳細はこちら
無料口座開設

自分のスタイルにあった業者を選ぼう