人気業者特集
クラウドクレジットのすべて
  • 金利10%以上のファンド多数
  • 初心者に優しい最低投資額 10,000円
  • 為替ヘッジで過去には利回り28%にも!

投資収益シミュレーション

投資額(10,000円~)を入力すると
運用後の収益額が表示されます

投資予定額
利回り 12.9%
運用期間 13か月
収益

算出例:【ロシアルーブル建て】
マイクロローン事業者ファンド11号

投資信託をすべきでないワケ。銀行や郵便局の「美味い話」の裏側

投資信託をすべきでないワケ。銀行や郵便局の「美味い話」の裏側

投資初心者向けの金融商品として人気の高い「投資信託」。依然として多くの投資家が投資信託を好んで購入し、保有しているわけですが、実は多くの投資信託は投資家にとってほとんど何のメリットも無い「不必要な金融商品」なのです。

今回は投資信託とはそもそも一体何なのか。なぜこんなにも多くの投資家が購入しているのか。そして投資信託以上に安全で利益率の高い投資商品は存在しないのかについてがっつり解説させて頂きたいと思います。

美味しくない?そもそも投資信託とは…

投資のベテランや上級者ほど「投資信託には手を出すべきではない」と言います。それは一体なぜなのでしょうか。投資信託はその運用を投資のプロであるファンドマネージャーが行っています。素人や初心者が投資の判断をするよりも、やはりプロに任せた方が良い結果が得られるのではないのでしょうか。

投資上級者がナゼ口を揃えて投資信託を否定するのか。まずは投資信託の基礎を学びつつ投資信託を「売る側」の立場になってその考えや思惑をイメージしてみましょう。

投資信託ってそもそも何なの?

投資信託とは特定のテーマを持って設定された「ファンド」のことで、運用会社は投資家から集められた資金を使ってテーマに沿った株式や債券、海外通貨などを購入し独自の判断によって運用、売買を行います

投資信託にはアクティブ運用とインデックス運用があり、インデックス運用では対象としているインデックス(日経平均株価やTOPIX)と投資信託の基準価額の動きを連動させることを目的としています。また、アクティブ運用ではより高い利益を追求し、仮に相場全体がマイナスであっても投資信託としてはプラスを目指す、といった方針のも運用が行われているのです。

この投資信託には当然のことながら「コスト」が発生します。それが手数料や信託報酬といったもので基本的には利益が出る、出ないに関わらず購入額の一定割合の経費が必要となってしまうのです。

売る側の立場で考えよう!

投資信託という金融商品を売っているのは銀行や証券会社といった金融機関です。彼らは投資信託を売ることによってその分のバックマージンが手に入りますから、金融機関という信頼度の高い社会的地位を利用してあの手この手で利用者に投資信託を売り付けようとしてくるのです。

金融機関や信託会社からすれば、投資家が儲かろうが損をしようが結局のところどうでもよいのです。自分たちには手数料や信託報酬という固定の利益がありますから、とにかく「儲けそうに見える商品」をたくさん設定し、初心者や投資未経験者にバリバリ売っていけばよいのです。特に銀行であれば口座残高、つまり相手の資産規模を正確に把握できていますから営業もかけやすいというわけです。

お手軽運用が可能であるとして人気の投資信託。だが、現実的には金融機関にとっていろいろな面で都合の良いだけの商品に…

実録!銀行マンがおばちゃんに売った投資信託

これはおよそ4年~5年前の出来事。世界経済的にはギリシャ危機、欧州危機が叫ばれていた頃の話しです。私の親戚のおばちゃんは、自衛官だった夫を現職中に病気で失っていたため遺族年金が相当な額、銀行口座に入っていたのですが…そのお金に狙いをつけた銀行の投資信託営業担当者から執拗な「買え買え攻撃」を受けてしまったのです。

おばちゃん、銀行窓口で営業をうける!

あまり詳細に書いてしまうと身バレしてしまうので…ぼかして書くのは許してくださいね。さて、おばちゃんはある日、メインバンクとしている銀行へ行くと、営業担当者から急に声を掛けられたのです。「お客様にぴったりの投資商品があります。これなら安心ですし、基本的に置いておくだけで利益が発生するんですよ。」と。もうこの時点で怪しさプンプンなわけですが、特に高齢者は銀行に対して全面的な信頼を寄せていますからね。なんの疑いも抱かずに、あっという間に100万円単位の「仕組み外債」を買わされてしまったのです。

残念ながら…といいますか、当然この仕組み外債は大外れ。なんたって世界金融が混乱している時期ですからね。というか、そういう時期だからこそまともな投資家はこのような商品には手を出さないわけで、営業マンとしては前々から狙いをつけていた「無知な金持ち老人」を狙い撃ちしたわけです。

ただですね、ここまではよくある話しなんですよ。高齢者がとにかく一発被害を受ける、ってのは残念ながら普通にある話し。ただ、エグいのはこの銀行(というか担当者)は、次に焼き畑焦土作戦まで敢行してきやがったのです。

おばちゃん、投信の訪問販売までされちゃう!

私も書きながら記憶と怒りが蘇ってきちゃうのですが、この営業マンなんと次はおばちゃんの自宅にまで訪れて「以前の投資では大変ご迷惑をお掛けしました!今回は謝罪の意味も込めまして、お客様のために特別にご用意した商品をお持ちしました!」と土下座しながら訴えかけるわけです。

これがいわゆる焼き畑作戦ですね。客を焼き尽くし、干物にしてもいいから利益を骨の髄までしゃぶりつくそうという考えです。ほんとエグい…。

おばちゃんは思わず即決してハンコを押そうとしたのですが、たまたま偶然遊びに着ていた親戚家族から止められ、「一晩熟考します」と営業マンには断りを入れてその場は収まりました。その後、冷静によくよく考えたおばちゃんは結局この二度目の営業には引っかからずに済んだわけですが、本当に危なかったと思います。

ちなみに、この時営業マンが持ってきていた投資信託は「国内外・成長IT企業株式投信」という超ハイリスク・ハイリターンな商品。ほんと、無知な相手には無茶苦茶やりますな。

基本的に投資信託をすべきでないワケ

上記の例のように、複雑で素人にはわけのわからない仕組みである投資信託を強引に売りつける悪徳商法のような被害はこれまで何件も何件もたくさん見てきました。ギリギリ合法ラインで行われている営業方法かもしれませんが、実際にこれで損失が発生した投資家からすればとんでもない話しだと思います。

投資信託という金融商品の本来の姿だけを考えれば決して劣悪な商品ではないのですが、現実的な運用状況を見るとかなり危険度が高いと言わざるをえないわけですね。

コストが高く複利効果なし

投資信託ではその運用によって金融機関が利益を得ていますから、無駄な売買でもいいのでなるべく「仕事をしている感」を出す必要があります。取引をすればするほどコストは高くなりますからそれが手数料に跳ね返ってきますし、信託報酬もバカバカと取られてしまうわけです。

また、中には利益を再投資せずに分配金にあててしまっている投資信託も多いのです。一見、手取りの収入が増えるように感じるかもしれませんが、預け入れた資産も含めてどのくらい評価額が高まっているかが本当は最大の関心事のはずです。しかし、せっかく運用が上手くいっても単純投資するばかりで再投資をしないので複利の効果が全く得られないのです。これでは資産の増加はまず見込めません。この点も大きな問題ですし、初心者投資家の目さえごまかすことができればそれでいい、と考える金融機関の悪辣な考えが透けて見えるわけです。

投資の基本は生!儲かりたいなら直接投資!

何かを買って、その物の値上がりによって転売益を得る。この、投資の基本において間に業者や金融機関を挟めば必ずパフォーマンスは悪化します。つまり可能な限り、自分自身で売買を行うべきなのです。つまり「直接投資しましょう」という意味ですね。

株やFXはとても危険でリスクの高い金融商品ではありますが、そのものの値下がり幅以上の損失は発生しません。そういう意味ではとても分かりやすいのです。

もし、対象の値上がりや値下がりによって損益を決定着けたいのであれば、なるべく自分と対象との距離を近くしましょう。金融機関やファンドマネージャー、ディーラーは決してボランティアで運用を行っているのではありません。彼らは自分たちの利益のために行動しているのであり、その利益の源泉は運用の成功だけではなく、あなたの支払う手数料や信託報酬なのです。

投資家ではなく金融機関と運用会社を儲けさせるための商品、それが投資信託!彼らの利益はトレードの成果ではなく、投資家の払う手数料なのです

投資信託よりはるかに安全!そんな金融商品は?

投資信託をするべきではないその理由、皆さんかなりご理解頂けたのではないでしょうか。基本的に金融商品というのは「ややこしい物には手を出さない」のが基本です。ファンドマネージャーがあの手この手でこねくり回したり、いろいろな仕組債を利用して利益構造がわかりにくくなっているものは「売り手を儲けさせるための金融商品」なのです。

皆さんには初心者でも安全にそしてバタバタ売買をすることなくしっかりと稼げる金融商品をご紹介しましょう。正直言って投資信託の100倍はオススメできますね!

安全にまったり投資がしたいならコレ!

現在日本で、いや世界全体で最も安定的に収益を手に入れることのできる投資商品は「クラウドファンディング」です。クラウドファンディングにはいろいろな種類がありますが、その中でも特に「融資型」のクラウドファンディングは安全性が高く、利回りも年率換算で5%~10%は十分狙うことができます。

融資型クラウドファンディングというのは資金ニーズのある企業や事業者に対して、クラウドファンディング業者を通じて投資家がお金を融資し、その利息によって収益を得る、という極めて単純な仕組みによって成り立っています。

何かを売買して利鞘を稼ぐタイプの投資ではないので損益の上下がほとんどありません。粛々と融資したお金を返済してもらうだけですから、感覚的には社債投資に近いものがありますね。

投資に対して何を求めるかは投資家それぞれ違うものですが、やや低めの利回りでも良いから安全かつ堅実を最優先したいと考える人にとっては融資型クラウドファンディングは最適と言えるでしょう。

投資信託のシェアは下がり、クラウドファンディングのシェアは上がる

今後、すぐに投資信託の存在が無くなってしまうとは考えられませんが、一方でそのシェアは減少傾向にあることは間違いありません。

逆に実際に市場規模が拡大し続けているのがクラウドファンディングです。これまでは企業に対して個人(投資家)が融資を行うというのは不可能だったのですが、それがクラウドファンディングの登場によって手軽に可能となったのです。

お金を貸して、利息を得る。このスタイルが法人相手に実践できるようになったのはとても意義が大きいと言えます。

今後は安易に金融機関の営業マンの甘言に乗るのではなく、クラウドファンディングによって安定的な運用を心がけるようにすべきでしょう。

投資信託の化けの皮が剥がれつつある!クラウドファンディングで安心投資を実践した方が遥かに優位性が高いのだ

前月の口座開設数ランキング

国内業者比較

人気クラウドファンディング業者ランキング

1位 クラウドクレジット

迷ったらまずはここに口座開設!担保付きファンドも多く、最高水準のリターンが望めます!

平均利回り前月応募数注目度
2位1位1位
業者詳細はこちら
無料口座開設

2位 ラッキーバンク

新規ファンドはすぐに即完!抜群の安定感で利回りを得たい方は必ず口座開設しておきたい業者です。

平均利回り前月応募数注目度
5位3位2位
業者詳細はこちら
無料口座開設

3位 オーナーズブック

国内不動産に特化した業者。運営元の知識やノウハウが豊富なため、手堅い運用ができると人気。

平均利回り前月応募数注目度
15位2位3位
業者詳細はこちら
無料口座開設

自分のスタイルにあった業者を選ぼう