人気業者特集
クラウドクレジットのすべて
  • 金利10%以上のファンド多数
  • 初心者に優しい最低投資額 10,000円
  • 為替ヘッジで過去には利回り28%にも!

投資収益シミュレーション

投資額(10,000円~)を入力すると
運用後の収益額が表示されます

投資予定額
利回り 12.9%
運用期間 13か月
収益

算出例:【ロシアルーブル建て】
マイクロローン事業者ファンド11号

徹底比較!クラウドファンディングとNISAでの運用はどっちがいい?

徹底比較!クラウドファンディングとNISAでの運用はどっちがいい?

nisa

だんだん投資初心者の間でも常識となり始めたNISA。少額投資非課税精度の事ですが、このNISAとクラウドファンディングの運用はどちらを選択すべきなのでしょうか。或いは、どちらも上手く組み合わせることによって相乗効果を得られるのでしょうか。

今回は、投資初心者のみならずベテランの人も絶対に覚えておきたいクラウドファンディングの有効性やNISAとの比較・検証について解説していきたいと思います。筆者である私自身、NISAもクラウドファンディングもどちらもフルに活用させて頂いておりますが、個人投資家の多くはまだまだ、どちらか片方しか経験がない、という人が多いようなんですね。この記事があなたの投資家としての更なる成長のきっかけになれば幸いです!

NISAって何?初心者向けなの?

NISAは制限枠内の投資金額において、その利益に税金が掛からない非課税枠を意味しています。税金というのは意外と大きなもので、大当たり銘柄を引き当てても利益の2割は持って行かれてしまうわけですから、このNISAは株式投資や投資信託を売買する上で必ず有効活用しなくてはいけません。

投資情報サイトや証券会社の説明では、よく「NISAは初心者向け」といった文言が見られますが、ハッキリ言ってNISAに初心者向けも上級者向けもありません。誰が使っても税金が免除されるわけですからむしろ使わない手は無いのです。ただ、制限枠(現在120万円)という上限額を考えると確かに上級者にとっては少し物足りない、窮屈な金額と言えるでしょう。

NISAは投資信託に向いていない?

nisasintaku

NISAは株式だけでなく、証券会社で売られている投資信託にも使えます。ただ、投資信託でNISAを活用する場合は上手く銘柄を選ばないとそのメリットを全く活かすことが出来なくなってしまうのです。

NISAは利益に対して掛かる税金が免除されて制度ですから、利益が大きく出なければ利用する意味がありません。そのため、「損するかもしれないけどもしかしたら大儲けするかもしれない」銘柄に対して投資するのに活用すべきなのです。利益になる可能性が高くとも、元々あまり税金が掛からない銘柄であればNISAの制限枠を無駄に使ってしまう事になります。そういったローリスク・ローリターンな投資商品は普通の証券口座で取引すべきというわけです。

NISAを使って投資すべき物

tesuuryou

株式の場合はどの銘柄であっても年間を通して見ればそれなりの上下動があり、NISAを使うメリットは大きいと考えられます。しかし、投資信託の場合は「国内債券型」のようなガッチガチの低リスク銘柄は間違ってもNISA口座で購入してはいけません。

NISA口座で買うべき投資信託は国内や海外の株式型が良いでしょう。海外型に関しては思い切って為替ヘッジが無いタイプを選んでみるのも手です。一攫千金狙いで勝負する銘柄にこそNISAを使う意義があるのです。

クラウドファンディングは初心者向き?

では、次にクラウドファンディングの特徴について考察してみましょう。クラウドファンディングがユニークなのは、それぞれの案件について、クラウドファンディング会社が事前に厳しい審査を済ませている、という点です。

株式の場合は上場時に審査はあるもののそれは最低限の財務状況や経営状態のチェックであってその後企業が株価の上昇を伴うような急激な成長を遂げるかどうかとはあまり関係がありません。

かし、クラウドファンディングの場合は企業があまり成長しなくとも、借りた資金を返すだけの能力さえあれば「投資成功」となるわけです。この点だけを見ても株式投資とクラウドファンディングでは難易度に大きな差がある事がわかりますよね。

クラウドファンディングは長期投資に向かない?

henkinn

クラウドファンディングにおいて投資期間として主に設定されているのは6ヶ月~1年程度です。クラウドファンディングの安定度からして資金をフルに活用するという意味では投資期間は長ければ長い程良いのですが、特定の案件に資金を長く投入し続ければ、一つのトラブルで大きなダメージを負ってしまいかねません。

そこで、敢えて複数の案件に分けたり、融資期間が長すぎる案件は避けたりする必要があるのです。なんとも悩ましい部分ではありのですが、分散投資はリスク管理の基本ですので止むを得ない所です。

安心度ならクラウドファンディングの方が上!

f16d83a5338612414c912695953f5d721

NISA口座での投資信託とクラウドファンディングを安心度の観点から比較してみると、やはりクラウドファンディングの方にやや分がありそうです。上述した通り、NISAはその性質上、ある程度リスクを取ってでも大きなリターンを狙いに行く方が賢い戦略となります。つまり、どうしても安心度は犠牲にしなければならないわけです。

その一方で、クラウドファンディングの場合は信頼性の高いクラウドファンディング会社を利用すれば、もうほとんどリスク管理は完了したも同然なのです。初心者にとってはこれはとてもありがたいですよね。

クラウドファンディングの税金は?

seikin

ちなみにクラウドファンディングの配当金(利益)は雑所得に該当します。雑所得に掛かる税金は復興特別所得税込みで20.42%となっています。

NISAを使ったポートフォリオの構築例

forio

それでは実際のポートフォリオの構成の仕方について考えていきましょう。まずはNISA単体でポートフォリオを考えるケース。そしてNISAとクラウドファンディングの二本立てて投資を行う場合のポートフォリオについてです。

これまで説明してきた通り、NISAではアクティブ運用を。そしてクラウドファンディングでは安定性の高い運用を心がける事で収益率が高くなります。ポートフォリオも思いつきで作るのではなく、事前に資金の配分を綿密に計算しておきましょう。

NISAは積極的にリスクとリターンを求めていく

img_e34d715acc25a74066606d187ccdb49781403-1

NISAのポートフォリオの例では、制限枠いっぱいいっぱいの120万円を投資すると仮定して考えてみましょう。

NISAで狙うのは数ヶ月から数年(長くても5年以内)に株価が数十倍にも跳ね上がるような大当たり銘柄です。そのため、成長率の低い安定した業界の銘柄には手を出さないようにします。逆に積極的に買い集めたいのはマザーズ等の新興市場に上場しているハイテク系の銘柄ですね。リスクは高いですが一銘柄だけでも大化けしてくれれば十分お釣りがきます。

ハイテク系、研究開発系等不確定要素の強い業種に的を絞り、最低でも10社以上には投資しましょう。また、注意点としては短期材料にむやみに反応しないように。頻繁に売買すると120万円の枠はすぐに使い切ってしまいます。買ったら最低でも半年はホールドするつもりで頑張りましょう。

また、NISAを使った投資信託の購入を考えている人は、やはり新興市場の株式に投資をするタイプか海外株式に投資をするタイプを5銘柄以上用意しましょう。

いずれにせよNISAでの投資はハイリスクハイリターンで攻めるべきです。配当利回り狙いの投資を勧めている人もいるようですが、そのほうな方法ではどうせ大した金額にはなりません。

クラウドファンディングは不動産型を中心に

ownersbook

一方、クラウドファンディングにも様々なタイプの案件が用意されていますが、基本的には不動産型の銘柄を中心にポートフォリオを構成するのが良いでしょう。クラウドファンディングでは事前に償還期間が明らかになっているため資金計画を立てやすいのも大きなメリットです。稀に早期償還されてしまう事もありますが、現状豊富な案件がありますから投資先に困ることはありませんね。

クラウドファンディングはNISAとは逆に安全性重視で銘柄を揃えていきます。投資資金をNISAと同じく120万円と仮定すると、60万円~80万円は国内不動産型に投入します。これは全ての資金を一度に投じる必要はなく3分の1ずつ数週間~数ヶ月に分けて投資し、常に3分の1は待機資金があるような体制をキープするのも良いでしょう。

一方、NISAで海外向けの投資信託を保有している場合はクラウドファンディングでは海外向け銘柄には投資をしないようにします。これはリスクを下げるためですね。海外の特定の国の景気が大きく盛り上がった場合はクラウドファンディングで投資をしていなくとも投資信託の方で十分な利益となっているはずです。

クラウドファンディングでは不動産型以外では中小企業支援型やエコ・エネルギー、再生可能エネルギー型に資金を向けましょう。太陽光発電の分野では最近になって発電効率を大幅アップさせる新型パネルが開発されるなど更なる飛躍が期待されています。環境問題は一朝一夕に解決する事はありませんから、長い目で見て安定した収入源となるはずです。

初心者はクラウドファンディングとNISAの二本立てで勝つ

限られた資金をどのように配分するのか。自分の望む結果を得るために最適なポートフォリオの構成はどのようなものなのか。デイトレーダーのように頻繁に売買を繰り返すタイプではなく、ある程度腰の座った投資を行おうと考えている人にとっては極めて重要な課題ですよね。

今回はクラウドファンディングとNISAを使ったポートフォリオの事例についてご紹介しました。クラウドファンディングでは安定性を。そしてNISAでは積極的にハイリスク・ハイリターンを狙うことでポートフォリオ全体のリスク管理と利益率の確保を同時に実現しようというストラテジーになっています。

どのくらいのリスクまで許容できるか。あるいはどのくらいのリターンを望むのか。そのあたりは投資家個人個人で好みに差があると思います。資金配分の比率を変えたり、NISA口座でもやや安定感の高い海外債券などを加えるなどして微調整すると良いでしょう。

前月の口座開設数ランキング

国内業者比較

人気クラウドファンディング業者ランキング

1位 クラウドクレジット

迷ったらまずはここに口座開設!担保付きファンドも多く、最高水準のリターンが望めます!

平均利回り前月応募数注目度
2位1位1位
業者詳細はこちら
無料口座開設

2位 ラッキーバンク

新規ファンドはすぐに即完!抜群の安定感で利回りを得たい方は必ず口座開設しておきたい業者です。

平均利回り前月応募数注目度
5位3位2位
業者詳細はこちら
無料口座開設

3位 オーナーズブック

国内不動産に特化した業者。運営元の知識やノウハウが豊富なため、手堅い運用ができると人気。

平均利回り前月応募数注目度
15位2位3位
業者詳細はこちら
無料口座開設

自分のスタイルにあった業者を選ぼう