人気業者特集
クラウドクレジットのすべて
  • 金利10%以上のファンド多数
  • 初心者に優しい最低投資額 10,000円
  • 為替ヘッジで過去には利回り28%にも!

投資収益シミュレーション

投資額(10,000円~)を入力すると
運用後の収益額が表示されます

投資予定額
利回り 12.9%
運用期間 13か月
収益

算出例:【ロシアルーブル建て】
マイクロローン事業者ファンド11号

FXや株式投資で失敗した人がソーシャルレンディングで成功する理由

FXや株式投資で失敗した人がソーシャルレンディングで成功する理由

投資家のTKです。自分で言うのもなんですが、現在ソーシャルレンディングを中心に投資を行う事で、それなりに儲けさせて頂いております。おそらく普通の会社員さんよりは収入が多いと思うわけですが…しかし、ここまで来るにはいろいろと紆余曲折があったことも事実です。

そこで今回は、私がかつてFXや株式投資でどんな失敗をしたのかという黒歴史について、そしてソーシャルレンディングに出会い、なぜ成功できたのかについて語らせて頂きたいと思います!まだこれからどんな投資をしようか悩んでいる方は、本当に失敗してしまう前に疑似体験としても読んで頂ければ幸いです!

かつては夢のあったFXの世界…

私が投資の世界に入ったのは10年程前になります。当時はあのリーマンショックも東日本大震災も発生しておらず、金融環境は米国による量的緩和策のおかげで常に金余りな状況が続いていました。もうじゃぶじゃぶでしたね。世間ではそれほど好景気という実感はなかったと思いますが、こと投資家に関してはFXトレーダーにしろ株式投資家にしろ、かなり懐は暖まっていたと思います。

当時は私もFXをメインに投資をしていました。「キャリー・トレード」と言われる方法が人気で、日本だけが通貨金利が低いことを利用し、円を売って米ドルや豪ドル、ポンド、あるいは南アフリカランドなどを買い漁っていたのです。たまに負けることはありましたが勝率はかなり高かったですし、スワップと呼ばれる金利収入もあったためかなり美味しい思いができていたのです。

私のFX遍歴 大勝ちと大損

ところがです。2007年~2008年にかけて世界の金融・経済状況は激変してしまいます。米国のサブプライムローンと呼ばれる所得の低い人向けのローンが焦げ付き始め、それまで異常な高値で取引されていた米国不動産市場が急激にその価値を低下させ始めたのです。こうなってしまうと今までもの凄いスピードで流れていたお金がピタッとその動きを止めてしまい全員がリスクをとらなくなってしまいます。これによって信用収縮、いわゆるクレジットクランチが世界全体で発生してしまい金融市場は大氷河期にいきなり突入してしまったのです。

当然このような状況ですから私の資産も大きく傷つきました。思い出したくもないのですが、一晩で500万円以上やられた事もあります。食事も喉を通らなくなり死にたくなるくらいの暗鬱とした気持ちで日々を過ごしていましたね。本当に…地獄でした…。

株式や先物の世界も覗いてはみたものの… 

その後、株式市場や日経先物市場にもチャレンジしてみたものの、どうしても一旦は勝ってもその後大きく負けてしまう、の繰り返しになってしまいました。無理に損を取り戻そうとしてしまった事もありますし、リーマンショック後もギリシャショックやチャイナショックなど、金融市場には激震が走ることが多く、株の世界にはその影響がモロに及ぶため、まともな投資は極めて難しかったのです。

そんな時、初めて知ったのが「ソーシャルレンディング」あるいは「投資型(融資型)クラウドファンディング」という単語でした。極めて勝率が高く、派手に儲かることはないものの、バタバタと買ったり売ったりのトレードに神経をすり減らすことの無い投資方法。説明を読めば読むほど衝撃を受けたことを今でも鮮明に覚えています。

本当に求めるべき投資先とは?

私たちが本当に求めるべき投資先とは一体どんなものでしょうか。詳しくは後述しますが、やはりライフスタイルにしっかりとマッチした、体力や神経をすり減らす事のない投資というのはとても大切になります。切った張ったの鉄火場で短期間で一気に稼いでしまおうという人もいるとは思いますが、ほとんどの人は日常の普通の生活の中に、マイルドに投資を組み込み、大きなリスクはとらずにコツコツと手堅く利益を手に入れたいと考えているのではないでしょうか。

私も初めはガンガントレードしてガンガン儲けてやろうと意気込んでいました。しかし、普通の人間にはそれは無理なんだということが実際に痛い目にあってから理解できたのです。現在はゆっくりまったりしながら本当に気楽に、ローリスク・ミドルリターンを実現できています。

自分のライフスタイルと投資手法のマッチング

自分の生きがいそのものが「投資だ!」という人であればいろいろな金融商品に手を出し、勝つことだけでなく、負けることまでも含めて楽しみに変えていけばいいと思います。こういう人はトレードをしない事がストレスになりますし、利益を得るためではなくある意味「トレードするためにトレードしている」わけですから。

しかし、普通の人は「低リスクで利益を得るために」トレードや投資を行うわけです。投資先はその人の考えによってぴったりと一致するものを選ばなければいけないわけですね。

いかに確実に稼ぐか

投資にはどんなものでも100%確実、という事はありません。しかし、よくよく頭を使って探せば100%にかなり近いものが見つかるのです。その金融商品が未来永劫ずっと100%に近いレベルで安心かはわかりませんが、少なくとも現時点で最も優れた商品が見つかればそこにある程度集中的に投資するのが理にかなっています。無駄にリスクを大きくしてはいけないわけです。

私はソーシャルレンディング投資を行う上で、常に他の金融商品とリスクの比較を行っています。そして、現状では間違いなく一番安全確実に稼ぐことができるのがソーシャルレンディングであると確信しているのです。

安全レベルが抜群のソーシャルレンディング。これまで金融市場であったいろいろな事件を見続けた私だからこそ断言できますね

ソーシャルレンディングを始めてみた感想!

ソーシャルレンディングを始めてまだ2年弱。ベテランという程でもありませんがだいぶ業者選びや案件選びに関してはノウハウを蓄積できたと思いますし、経験も積むことができたと思います。というわけで、これまでいろいろな投資に手を出し、そして失敗してきた私がソーシャルレンディングという安住の地を得た事についての率直な感想をまとめてみたいと思います。

ソーシャルレンディングに対する所感

まず、ソーシャルレンディングについてはやはり始める前の予感、「これは安全に儲けられそうだ」という予想が見事に的中したと思います。これまで参加した案件については元本毀損はゼロ。つまり勝率は100%です。ソーシャルレンディングは案件を業者サイドでしっかりと審査してくれていますから、きちんとした業者に口座を解説し、取引を行えばまず利益で終わることができます。銘柄選びや売買のタイミングを全て自分で考えなくてならない株やFXとは全く難易度が違いますね。

ソーシャルレンディングの手応えと今後の展望!

今後、ソーシャルレンディングに参加する投資家はどんどん増えていくことでしょう。その理由はズバリ「私のような人がいっぱいいるから」です。他の投資でダメージを受けたとしてもソーシャルレンディングでなら復活できる可能性が高いのです。ですから業者の数も取り扱われる案件の数も桁違いに増加すると思います。

ソーシャルレンディングは基本的に放置OKの投資です。つまり投資は初めて、という人も、ソーシャルレンディングであれば始める以前のライフスタイルをほとんど変える必要がありません。これは実際に株やFXに振り回される生活を経験してみると極めて重要なポイントであることがよくわかります。

ソーシャルレンディングの未来はかなり明るい!株やFXで無理をした人、資産が傷ついた人にも最高にオススメできます!

前月の口座開設数ランキング

国内業者比較

人気クラウドファンディング業者ランキング

1位 クラウドクレジット

迷ったらまずはここに口座開設!担保付きファンドも多く、最高水準のリターンが望めます!

平均利回り前月応募数注目度
2位1位1位
業者詳細はこちら
無料口座開設

2位 ラッキーバンク

新規ファンドはすぐに即完!抜群の安定感で利回りを得たい方は必ず口座開設しておきたい業者です。

平均利回り前月応募数注目度
5位3位2位
業者詳細はこちら
無料口座開設

3位 オーナーズブック

国内不動産に特化した業者。運営元の知識やノウハウが豊富なため、手堅い運用ができると人気。

平均利回り前月応募数注目度
15位2位3位
業者詳細はこちら
無料口座開設

自分のスタイルにあった業者を選ぼう