人気業者特集
クラウドクレジットのすべて
  • 金利10%以上のファンド多数
  • 初心者に優しい最低投資額 10,000円
  • 為替ヘッジで過去には利回り28%にも!

投資収益シミュレーション

投資額(10,000円~)を入力すると
運用後の収益額が表示されます

投資予定額
利回り 12.9%
運用期間 13か月
収益

算出例:【ロシアルーブル建て】
マイクロローン事業者ファンド11号

日本と海外のリターンを比較:為替値に合わせて選択する投資運用

日本と海外のリターンを比較:為替値に合わせて選択する投資運用

kaigai

多少リスクが大きいことは分かっていても、やはりダイナミックで高利回りな海外のクラウドファンディング商品に魅力を感じているという人はとても多いと思います。

海外ファンドのデメリットとしてはやはり情報が少なく、損失となってしまう可能性を事前に見極めることが難しい点が挙げられますが、その一方で海外向けだからこそ得られるメリットもあるのです。今回は為替動向をにらみながらクラウドファンディング投資を行う方法を解説していきましょう。

海外投資ならではの特徴を活かす!

kawase

海外向けの商品や海外のクラウドファンディング運営会社を利用すると、日本国内向け商品に対して投資するのとでは「為替」の概念が存在するかしないかという点で大きく違いがあります。極端な話、運用期間中に為替が大きく動けば儲かっているはずなのに元本が割れてしまったり、逆に少し損をしたはずなのにプラス収益になったりする事があるのです。

これまで外国為替に関して特に意識してこなかった人にはピンとこないかもしれませんが、為替レートというのは皆さんが思っている以上に大きく動くものなのです。特に新興国や発展途上国の場合は様々な経済イベントやニュース、事件などによりグイングイン為替レートが変動します。

これはリスクでもありチャンスにもなるわけです。この為替の動きをクラウドファンディング投資にも活かしてしまおうというのが今回の記事のテーマなんです。

為替差益で一粒で二度美味しい?

為替収益が手に入ればこれは一粒で二度美味しいという事になりますね。

為替利益だけを考えて投資するのは間違っていますが、リスクを小さく抑えたり収益力アップさせるために為替レートを意識するのは正しい行為です。むしろ為替動向に自信があるかどうかを海外向け商品への投資タイミングに使うのは上級者であれば当たり前の事とも言えるんですね。

初めてクラウドファンディングを利用する、為替の知識が皆無、という方には難しいかもしれませんが、この為替利益を踏まえて投資ができるようになると、より一層「楽しみながら」投資ができるようになります。

為替ヘッジが無い商品を選ぼう

money

念のため…ですが、国内のクラウドファンディング運営会社が扱う海外向け商品の中にはご丁寧に為替ヘッジがなされているものも多く見られます。

リスクをとにかく抑えたい場合は良いのですが、為替ヘッジ商品の利回りはその分低めに設定されていますし、為替収益は当然狙うことは100%できません。為替の動きで投資効率をアップさせたいわけですから為替ヘッジがついていない商品を選ぶ必要があるわけです。この点は確実に商品を見る場合はチェックしてくださいね。

海外業者ではなく海外向けファンドを利用しよう

海外向けのクラウドファンディング投資を行うためには、国内業者の取り扱う海外向けファンドを使うか、海外のクラウドファンディング運営会社を使うか迷うところだと思います。ただ、初心者の方はもちろんある程度投資経験のある人でも海外のクラウドファンディング運営会社はあまり使わない方が良いでしょう。

海外業者は上級者でもリスク大!

nayamu

海外業者をあまり使わない方が良い理由というのは皆さんご推察の通り「リスクがとても大きいから」です。そもそも日本の法律が適用されないためにトラブルがあっても保護してもらえる可能性が低いのです。

やり取りも基本的に英語になりますし、海外投資の経験が相当長く語学や法律に精通している人でなければ日本人が海外のクラウドファンディング運営会社を使いこなすは相当難しいと考えるべきでしょう。

日本のクラウドファンディング運営会社を選定するために皆さんはいろいろネット等で情報を収集されたことと思います。

では、海外のいろいろな情報サイトを駆使して同じようなことが出来るでしょうか。普通できないですよね。投資や金融の世界は情報が全てです。情報を効率よく手に入れられない場所へは投資家は出向いてはいけないのです。

海外向け案件で攻めるのが無難

cracre

というわけで海外向け商品としては国内クラウドファンディング運営会社の扱う商品が良いでしょう。

確かに海外業者を使うと現地通貨決済になりますから徹頭徹尾為替差益を享受できるわけですが、それ以上にリスクが高すぎると判断すべきですね。敢えて言うなら米国や欧州など、金融先進国の業者と何らかのパイプがある人であれば…といったくらいのレベルでしょう。

為替の動きを読むために必要な情報

それでは肝心の為替相場の動きをいかにして読むか、についてです。為替差益を得るためには当然目先の為替相場の予想が上手くできなければなりません。これを大外ししてしまっては元も子もありませんからね。

為替レートの変動はマクロ経済分析によって行われます。特定の企業に対する分析がミクロ分析と呼ばれますがその対義語となるわけです。

マクロ分析は主に各国が発表する経済指標や景気状況、金利政策などによって決定されます。最近では米国の大統領選挙でトランプ氏が当確した際に為替相場は大きく上下し、その後かなり円安ドル高が進んだことは皆さんの記憶にも新しいと思います。そのような政治的に大きなニュースも為替相場には強い影響を与えるわけですね。

既にFXの経験がある人は有利です

kaigaikawase

これまでの投資経験の中で、FX(外国為替証拠金取引)の経験がある人はこの為替に合わせてクラウドファンディング商品を取引する感覚がある程度養われていると考えて良いと思います。

FX程は厳密さが必要ではないため、クラウドファンディングの方が難易度は低くなります。一般的なFXトレードよりもタイムスパンが長くなると思いますが、その分じっくりとトレードできるのは良い点だと言えるでしょう。

また、為替の先読みをする上で最も重要な経済情報がいくつかありますのでご紹介しておきますね。

まず、やはり注目すべきは米国です。毎月第二木曜日の翌日の金曜日に発表される雇用統計は相場に最も影響を与える指標として知られています。全世界の金融関係者が注目していますのでインパクトは絶大です。また、同じく米国のISM非製造業景況指数や、米国の中央銀行であるFRBの理事会なども極めて重要ですから要チェックです。

その他、当然のことながら日本の指標にも注目です。中でも日銀短観やGDPの速報値は大変重要だと言えますし、日銀の金融政策決定会合の結果も必ず確認する必要があるのです。

テクニカル分析も覚えて鬼に金棒?

tekunikaru

経済情報による先読みに慣れてきたら、1,2種類でも良いのでテクニカル分析の方法を覚えると更に為替相場に強くなれます。

クラウドファンディング商品を使っての為替利益は比較的長期目線で捉える必要がありますので、トレンド系の分析指標が相性が良いですね。例えばトレンドライン分析や、移動平均線といった簡単で単純なものでもかなり効果は上がるはずです。

なかなかクラウドファンディング投資家の中でテクニカル分析を頑張ろうという人もいないかもしれませんが、勉強すれば強力な武器になりますからオススメさせて頂きたいと思います。

為替ヘッジを自分でやる?

為替差益狙いのクラウドファンディング投資では為替ヘッジがついていない商品を選ばなければなりませんが、自分でFXを使って為替ヘッジを行うのは賢い方法です。

FXではレバレッジを掛けることができますから、少しの金額で為替ヘッジを行えます。しかもダイナミックにヘッジポジションの量を増減できますから、積極的に利益を狙っていきたい人、もしくは既にFXをメインの投資手段としている人には最適だと言えますね。

外貨預金よりFX?

hejji

FX同様、外国為替投資といえば外貨預金という手段もありますね。ただ、どちらがオススメかと言われれば間違いなくFXを活用すべきです。FXは手数料も必要ありませんしリアルタイムにポジションを動かすことができます。

それに比べて外貨預金の場合はフットワークが鈍く相場の急変には対処することができません。また、手数料も取られますし良い点が全くないのです。外貨預金で長期的に同じポジションを持つのであれば同じようにFXで長期に渡ってポジションをキープすれば良いだけの話なのです。

上級者向けだがチャレンジする価値はあり!

融資型クラウドファンディング商品を使っての為替差益投資はかなりイレギュラーではありますが面白いアイディアですね。日本国内向けの商品では不動産型が圧倒的な人気と安定感を誇っていますし、実際クラウドファンディングでの投資では不動産型がメインになると思います。

しかし、投資のポートフォリオ全体を考えた時必ずしも安定感のある商品だけで構成するのも得策とは言えません。部分的にはリスクをとって積極的に利益を追求する商品も組み込んでおくべきなのです。

そういう意味では海外向けのクラウドファンディング商品にアレンジを加えたり、自分でヘッジしたりするのは難易度は若干高いながらもチャレンジする価値は大アリと言えるのです。

マスターすれば今後に活きる事は間違いない

cha

為替についての理解が深まれば今後の投資家としての活動に大きな幅が出ることは間違いありません。なんといっても海外のマーケットと対峙する場合には常に為替の動きを視野に入れておく必要がありますから、まずはクラウドファンディングを活用してそのセンスを磨いておくというのは正しい選択であると言えるのです。

繰り返しになりますが、今回ご紹介したアイディアは簡単で誰にでもすぐ出来る、というものではありません。為替に関する基礎的な勉強も必要になりますし思いつきでは実行しない方が良いでしょう。しかし、マジメに勉強したり取り組む気持ちがある方には是非とも将来の海外投資マスターを目指して頑張って頂きたいと思います。

前月の口座開設数ランキング

国内業者比較

人気クラウドファンディング業者ランキング

1位 クラウドクレジット

迷ったらまずはここに口座開設!担保付きファンドも多く、最高水準のリターンが望めます!

平均利回り前月応募数注目度
2位1位1位
業者詳細はこちら
無料口座開設

2位 ラッキーバンク

新規ファンドはすぐに即完!抜群の安定感で利回りを得たい方は必ず口座開設しておきたい業者です。

平均利回り前月応募数注目度
5位3位2位
業者詳細はこちら
無料口座開設

3位 オーナーズブック

国内不動産に特化した業者。運営元の知識やノウハウが豊富なため、手堅い運用ができると人気。

平均利回り前月応募数注目度
15位2位3位
業者詳細はこちら
無料口座開設

自分のスタイルにあった業者を選ぼう