ソーシャルレンディングの未来展望。市場規模拡大待ったなし!

ソーシャルレンディングにおいての注目ポイントとは

003

小額からの融資が可能であり、高い利回りが期待できることで注目を集めているソーシャルレンディング。

その市場規模は年々増加傾向にあり、日本におけるクラウドファンディングの約7割を占有しています。

graph

このように国内での市場規模は14年度で約156億円。

15年は約200億円近くと規模を拡大し続けています。

そこで今回は、ソーシャルレンディングにおいての注目ポイントについてご紹介します。

 

ソーシャルレンディングの注目ポイント

img1

・小額からの投資が可能で、高い利回りが期待できる

購入型クラウドファンディングとは違い、ソーシャルレンでイングの見返りは、「お金」です。

少額からの投資が可能であり、期待できる利回りは5~10%以上の案件が多いため、「ローリスクミドルリターン」の金融商品となります。

 

・投資先の資産価値を気にしなくてよい

あくまでもソーシャルレンディングは、融資であるため、期限さえ来れば、元金と利息が手に入ります。

株式や投資信託のように、そのもの自体の資産価値の変動がないためキャピタルゲインやキャピタルロスは発生しません。

 

・運用期間の幅広さ

運用期間としては、3ヶ月から1年ほどのものが主流となります。

短期のものであれば資金に流動性を生み出すことができ、リスクを回避しやすくなります。

また長期運用であれば、毎月配当金が一定額入るという安心感も。

自分の資産状況に合わせて臨機応変な運用が出来ることは魅力的です。

 

貸し倒れのリスクには注意

8d8052b61cb324136e8614a71db103b2

ソーシャルレンディングにおいて最悪なのは、貸し倒れです。

貸し倒れが起きると利息だけでなく、元金まで戻ってこなくなる可能性があるので注意をしましょう。

現在のクラウドファンディング業者では、貸し倒れに対するリスク対策として、担保や保証を立てている所もあるので案件を選ぶ際は、その点にも注目しておくとよいでしょう。

 

ソーシャルレンディングの将来性に期待

178

クラウドファンディングの中でもソーシャルレンディングは、最も成長が見込めると言われています。

やはり年利で10%近くの利回りが期待できるのは、どの投資家にとっても魅力的と言えますからね。

これから更に市場拡大が予想されるソーシャルレンディング。

今よりもっと魅力的な制度や投資内容が出くる可能性も十分に秘めています。

魅力的な要素はかなり多いのですが、あくまでもリスクを含んでいることを忘れないようにしましょう。

資産運用の1つの手段として無理のない範囲での投資をオススメします。

人気クラウドファンディング業者ランキング

1位 クラウドクレジット

迷ったらまずはここに口座開設!担保付きファンドも多く、最高水準のリターンが望めます!

平均利回り前月応募数注目度
2位1位1位
業者詳細はこちら
無料口座開設

2位 ラッキーバンク

新規ファンドはすぐに即完!抜群の安定感で利回りを得たい方は必ず口座開設しておきたい業者です。

平均利回り前月応募数注目度
5位3位2位
業者詳細はこちら
無料口座開設

3位 オーナーズブック

国内不動産に特化した業者。運営元の知識やノウハウが豊富なため、手堅い運用ができると人気。

平均利回り前月応募数注目度
15位2位3位
業者詳細はこちら
無料口座開設

自分のスタイルにあった業者を選ぼう