人気業者特集
クラウドクレジットのすべて
  • 金利10%以上のファンド多数
  • 初心者に優しい最低投資額 10,000円
  • 為替ヘッジで過去には利回り28%にも!

投資収益シミュレーション

投資額(10,000円~)を入力すると
運用後の収益額が表示されます

投資予定額
利回り 12.9%
運用期間 13か月
収益

算出例:【ロシアルーブル建て】
マイクロローン事業者ファンド11号

低リスクだけを目的としたクラウドファンディング業者の選び方

低リスクだけを目的としたクラウドファンディング業者の選び方

select

投資においてリスクを下げるというのは簡単なようで最も難しい行為です。自分では低リスクだと思っていても実際にはそうでない場合もありますし、どれだけリスクを下げていたとしても完全に損失を回避することも難しいのです。

クラウドファンディングにおいてリスクを効果的に下げるためにはまずは運営会社をしっかりと選定しなければなりません。運営会社選びを間違えてしまうとリスク以上に利回りが低かったり、リスクが低いように見えて実は大きなリスクが隠されているだけだったりとトラブルの原因になってしまうこともあります。

今回はとにかく低リスクを目指した業者選びについて解説していきましょう。

投資資金の目的、用途をはっきりさせよう

まず、投資家は自分の持つ投資資金の特性を理解しておかなければいけません。

完全に無くなってしまっても今後の人生設計には影響を与えないお金なのか。それとも長期的に見れば失うわけにはいかないお金(教育資金や老後の生活資金等)なのか、それとも数年以内には必要になるお金(車の買い替え資金やマイホームの頭金等)なのか、そのお金の持つ特殊性によって許容できるリスクや投資に使うことのできるタイムスパンが決定されるのです。

低リスクと言っても人それぞれ受け入れられるリスクの大きさや種類は異なります。自分にとっての低リスクとは何なのかを今一度自問自答してみましょう。

そして受け入れられるリスクと絶対に受け入れることの出来ないリスクをそれぞれしっかりと整理してみましょう。

資金の特性でポートフォリオを変化させる

tosi

ある程度まとまったお金を投資に振り向けることが出来る場合、事前にポートフォリオを考えておかなければいけません。

ポートフォリオとは自分の持つ投資商品やリスク商品の構成比率のことです。当然のことながら低リスク商品はこのポートフォリオの大きな部分を占めることになりますが、ある程度リスクをとってでも高収益を狙いたい人と、ガチガチの保守的ポートフォリオで臨みたい人とではポートフォリオの構成は違って当然です。

自分はどのようなポートフォリオを組みたいのかも事前に考えておかなければいけませんね。

月の損失リスクは5%以内に

teirisk

投資の常識としてどれだけ高リスクといっても資産の5%以上を一ヶ月で失うようなトレードは慎むべき、という考え方があります。これをクラウドファンディングに当てはめると、一つの商品に自分の資産の5%以上を投入するべきではないという意味になりますね。

そして、連鎖的に焦げ付きやデフォルトが発生しないよう、多種多様な投資案件が揃っている業者こそが低リスク業者だと言える事がご理解頂けるはずです。

一つひとつの商品のリスクを計るだけでなく、いかに案件ごとの独立性が担保されているかという点にも注意しなければいけません。

低リスクであるとはどういう意味か

ここまで解説してきた通り、「低リスク」とは一言で言ってもいろいろな切り口がある事が分かってきましたね。そして低リスクであるという意味は投資家一人ひとりの事情によって異なるのだということもわかりました。では、他にもリスクを計る上で押さえておくべき情報は無いのでしょうか。

利回りのブレが少ないことも重要

secyou

募集中の多くの案件には目標利回りが設定されており、その数値には幅があります。例えば「5.0%〜10.0%」といった感じですね。

この上下の振れ幅にはいろいろな理由があるのですが、いざ運用が始まり、最終的な利回りが決まった際に元々示されていた利回りとどれだけ一致しているかは是非とも知っておきたい情報です。

リスクの高低はリターンとのバランスによっても決まりますから、募集の段階での利回り想定に大きな狂いが生じる業者はあまり信用することができないわけです。

低リスク投資もやりすぎに注意|大切なのはリターン

riskmanage

また、低リスクに抑えようとするあまりリターンを半ば放棄してしまうような状況にならないよう気を付けましょう。リスクはあくまでもリターンを得るための必要コストです。

大切なのはリターンに見合わないリスクをとってしまうことですから、ただひたすらリスクを怖がるだけでは一歩も前へと進めないこともまた事実なのです。

リスクは限界まで抑えなければなりませんが、それも全てリターンを確実に得るための「手段」であって、リスクを抑えること自体が「目的」となってしまわないよう気を付けましょう。

最も簡単な方法はクラウドファンディング業者の規模を見る

低リスク商品やリスクと利回りの関係であれこれ悩みたくない人は、とにかく大規模業者に口座を開くことをオススメします。

大当たり商品や思わぬ掘り出し物に出会う可能性は低くなりますが、まずハズレのない無難な商品で手堅く儲けるには最も適しているからです。まずは下記に例示したような業者であれば間違いなくリスクは抑えられるでしょう。

大規模業者程低リスクである理由

ote

大規模業者がなぜリスクを抑えられるかと言うと、一つ大きな理由として「強い営業力・資金調達能力」が挙げられます。資金の調達者側からすれば募集金額に出資金額が到達しない事が一番怖い事態です。

しかし、大規模業者であればたくさんの投資家が常に案件をチェックしていますから比較的早い段階で資金調達の目処を立てることができるのです。資金調達の目処が立つのが早いということはそれだけ機敏に経営を動かせるわけで、たくさんの調達者が大規模業者には常に案件審査の依頼を提出しています。

大規模業者はそれらの中からデフォルトする可能性が極めて低いものだけを選抜することができます。そのため、リスクを限界まで下げることができるのです。

シェア最大のクラウドファンディング運営会社「maneo」

日本市場における大規模クラウドファンディング運営会社といえばやはりmaneoを置いては他にありませんね。既に募集金額は500億円を突破し市場の50%ものシェアを独り占めしている状態です。

リスクの小さい業者を選びたいのであればまず間違いない取引先と言えるでしょう。maneoは様々なタイプの案件を扱っていますが、どれも厳密な審査に合格した案件ばかりとなっています。

投資業界の大御所SBIグループに属するSBIソーシャルレンディング

もう一社、今後大きく成長すること間違い無しの大型クラウドファンディング運営会社があります。それがSBIソーシャルレンディング。名前の通りSBIグループの一社で総合力ではmaneoすら凌ぐと言っても過言ではありません。

SBIソーシャルレンディングでは他のSBIグループ企業の力も借りて優良案件を獲得し、更に同じくグループ他社の審査基準も活用しながら優良案件のみを投資家へと提供しているのです。

取扱商品の種類から安全性を計る

特定のタイプの商品しか扱っていない業者というのは、商品の安全性をチェックする事によって逆説的に業者のリスク度を計る大きな目安になります。下に例示した業者はその良い見本ですね。

特定の商品だけをチェックすることによって投資家としての練度も高まりますから是非公式サイトも覗いてみることをオススメします。

低リスク商品しか取り扱われていない業者は結果的に安全

anzen

低リスク商品といえばやはり不動産型ですよね。担保や保証をつけやすいためデフォルトに見舞われた場合でも資金を回収できる可能性が高くなります。

そのため多少利回りは低くなる傾向がありますがこれは仕方のない事。リスクとリターンはバランスがとれていれることが大切なのです。

不動産特化型のクラウドファンディング運営会社「OwnersBook」

OwnersBookは比較的小規模な運営会社ながら、扱っている案件がとても優良であるという点が注目を浴びています。OwnersBookは元々プロの金融機関しか相手にしていなかった案件を個人投資家に解放しておりその安全性は折り紙付きです。

今後も業務を拡大する事より、案件の質を高める方向で経営努力を続けるとのこと。落ち着いて不動産型クラウドファンディング投資を楽しみたい人には最適の業者と言えるかもしれません。

海外向け特化型なのに安全?「Crowdcredit」

Crowdcreditは海外特化型のクラウドファンディング運営会社です。海外向けといえばハイリスク・ハイリターンの代名詞のような投資ですが、このCrowdcreditに関してはその考えはちょっと当てはまらないようです。

Crowdcreditは大手商社の伊藤忠商事のバックアップを受けているため、世界中の投資案件にダイレクトにアクセスすることができます。常に現地の空気を感じ取っているバリバリの商社との連携ですから、他社には無いローリスク・ミドルリターンの商品を獲得することができるのです。

海外向けクラウドファンディング商品ををポートフォリオに組み込みたいという人には最もオススメできる業者ですね。

過去の実績から判断する

業者を選ぶ際は過去の実績もしっかりチェックが必要ですね。問題があった業者、口コミが悪い業者、行政処分を受けた経験がある業者、これらは万が一のことを考えると候補から排除せざるを得ません。下記に例示している業者もちろんそんな過去は一切無し。安全に実績を積み重ねてきているのです。

最強の中堅業者「ラッキーバンク」

ラッキーバンクは不動産担保案件をメインに少しずつ着実に成長している業者さんです。特に口コミ情報も平均的に高評価で投資家目線に立った情報公開が持ち味となっています。

ガイアファンディング

こちらも海外向け融資に特化した業者さんです。ただ、案件を米国での優良物件のみに的を絞っているため低リスクなのに高リターンな設定となっています。最近の米国は不動産価格も上昇中でかなり景気が良い模様。円安も進んでいますしその恩恵をばっちり享受できるのがガイアファンディングというわけです。

ここまで駆け足で「低リスク業者を選ぶメリット」や「具体的な業者例」について解説してきました。リスクを抑えることは投資にとって最重要課題。一番気を使う部分ですから皆さんも今回ご紹介した情報を是非参考にしてくださいね。

前月の口座開設数ランキング

国内業者比較

人気クラウドファンディング業者ランキング

1位 クラウドクレジット

迷ったらまずはここに口座開設!担保付きファンドも多く、最高水準のリターンが望めます!

平均利回り前月応募数注目度
2位1位1位
業者詳細はこちら
無料口座開設

2位 ラッキーバンク

新規ファンドはすぐに即完!抜群の安定感で利回りを得たい方は必ず口座開設しておきたい業者です。

平均利回り前月応募数注目度
5位3位2位
業者詳細はこちら
無料口座開設

3位 オーナーズブック

国内不動産に特化した業者。運営元の知識やノウハウが豊富なため、手堅い運用ができると人気。

平均利回り前月応募数注目度
15位2位3位
業者詳細はこちら
無料口座開設

自分のスタイルにあった業者を選ぼう