新社会人の貯金額調査の結果は?社会人1年目でもできる投資方法

新社会人の貯金額調査の結果は?社会人1年目でもできる投資方法

この春新社会人になられた方もたくさんいらっしゃると思います。おめでとうございます。さて、多くの方はこれから給与やボーナスが会社から支払われる事になると思いますが、将来のことも考えて貯金をしようと思っている人も多いのではないでしょうか?

今回は貯金について考察しつつ、社会人一年目にもできる投資方法について書いていきたいと思います。

社会人一年目でまとまった貯金もないのに投資なんかできるのかな?とお思いの方もいるとは思いますが、安心してください。無理なく増やせる方法をお教えしようと思っています。

新入社員の貯金額調査、結果は・・・

社会人となり、定期的に収入は手に入るもののまだ一年目であれば当然他の社会人に比べて年収は低くなってしまいます。

多くの新社会人は手取り300万円未満ですが、その場合、42.3%の人が貯金しておらず、平均貯金額も10%(30万円未満)ほどのようです。

収入が少なければ貯金額が増えないのは当然です。

しかし、新社会人である場合は、今後長いスパンでキャリアを積み上げ、年収を増やしていくことが可能であるため、そこまで悲観することはありません。

ただ、貯金をするだけでなく、そのお金に働いてもらい増やすという方法をご存知でしょうか? これを「投資」と言います。

少額でも投資をすべき理由|資産を「運用」する考え方

新社会人の皆さんには人生においてたくさんの「時間」が残されています。 投資は時間をかければかけるほどリターンが増えるという性質があるため、早いうちから投資を始める方が有利です。

また、自分の資金を何かに投資し、資産形成することを「運用」と言います。

例えば1万円を年利10%で1年投資したとします。1年後には11,000円になっていますね。 それを今22歳の方が定年する65歳まで43年間続けたとしましょう。

2年目には利息も含めた11,000円に年利10%がかかるので12,100円になります。

それを43年間続けると何と元本と利息の合計額は60万円以上になります! たった一万円が、時間を費やすことによって60倍にもなるのです。

しかし、銀行口座に入れておいたままではこんなに増えません。

さらに、情報収集の精度や投資技術を高めることにより、リターンを得る確率が高くなるので、実際に投資できる金額が少なくても普段からアンテナを張って少しずつ勉強していくことが大切なのです。

投資には株や投資信託や不動産などたくさんの種類が存在するので自分に合った投資方法が見つかるといいですね。

少額投資ならクラウドファンディング

まだ新生活と仕事に慣れるのに手一杯なのに投資まで気が回らないという方もいるかもしれません。しかし、先ほども述べたように投資は早いうちから行うことが最も有利な方法です。 また、これから貯金していくお金は、結婚資金や旅行代金になるかもしれません。非常事態に備えての貯金かもしれません。でも、言い換えるとそれは今すぐには使わないお金です。

直近で使うあてのないお金を決まった期間(例えば3〜12か月など)投資先に預け入れて満期になったら利息とともに支払われる、しかも預け入れている間は、ほとんど何もしなくてもいい、そんな仕組みがあるのをご存知でしょうか。 それは「クラウドファウンディング」という仕組みです。

クラウドファウンディングはたくさんの個人投資家から少額のお金を集めて運用し、満期が来たら投資家に元本と利息を返却します。 クラウドファウンディングの特徴を以下に述べます。

(1)たくさんの人から少額のお金を集めるスタイルのため、投資初心者でも参加しやすい。

案件によっては1万円から投資が可能なケースもあります。

(2)申し込みや投資自体がインターネット上で完結するため、平日に店舗に出向いて手続きをしたりする必要がない。

平日に休みが取れなかったり、何かと忙しい社会人には向いています。

(3)投資をしたら満期まで特別メンテナンスがいらない。

満期まで投資家が何か作業をする必要がないため、仕事やプライベートに支障がありません。 利率の良い銀行預金と同じようなイメージです。

ただし、投資にはリスクがあります、注意点は以下のような点です。

元本保証ではない

銀行預金と異なる点は元本保証ではないところです。 ただ、今の所、案件が破綻して元本が返済されなかった事例はほとんどないようです。 投資前に業者の実績をWebでしっかり調べることが重要です。

満期まで引き出せない

一度投資したら満期まで引き出すことはできません。例えば月に3万円貯金するとして1万円はクラウドファウンディングに、2万円は貯金するなどうまく資金を振り分けましょう。

大きなリターンを得ようとする場合は当然リスクが伴います。 学生さんであればいい大学に入りたければたくさん勉強しなければならないことに似ているかもしれません。 しかし、やみくもになんでも投資せずに、きちんと事前に調査して分散して投資すればそれほど危険なことではありません。

ただ、一体どんな業者がいて、どのように調査すればいいのかわからない方もいると思います。 そこで、一例ですがオススメの業者を挙げることにしました。

クラウドファンディング初心者にオススメの業者

さて、それでは実際にオススメのクラウドファウンディングの業者をご紹介します。

業界最大手で実績豊富

maneo

案件の種類もたくさんあり、最低投資金額は2万円からなので初心者にもチャレンジしやすい会社です。 リターンは5〜8%となっているので十分なリターンが見込めます。 投資期間は3か月から1年ほどのものが中心なのでまずは試しにクラウドファンディングに投資してみたいという方にはピッタリです。

実績の多さと利率の良さ、運用期間の長さが特徴

ラッキーバンク

こちらの会社は今まで150件以上のファンドを立ち上げており、利息支払いや元本の償還の遅延などほとんど発生したことがないようです。(2017/2/26時点) また利率も7パーセント以上の案件が多く、リターンが多く望めます。 投資期間は1年以上の案件が多く長めなので、その分リターンも多くなります。 最低投資金額は4〜5万円となっています。

海外に投資できる社会貢献度の高いクラウドファウンディング

クラウドクレジット

世界の資金需要を繋ぐことで、社会とあなたを豊かにするお金の流れをつくることを目的とした会社です。 セミナーなども主催しており、お金が増えるということ以外にも世界の情勢なども知ることができるため自分の視野が広がります。 また、最低投資資金は1万円からなので、毎月1万円ずつ投資するなど小口で色々なファンドに投資することが可能です。

ここにあげた業者さんはほんの一例で、他にもたくさんの会社があるのでしっかり検討して投資先を見つけて欲しいものです。見るべきポイントはまずは以下の3つです。

・実績

・最低投資金額

・リターン

案件により投資内容が異なるので気になる方は掘り下げてみるのも面白いかと思います。投資によって視野が広がることは必ず仕事でも役立つことでしょう。

例えば不動産系ファンドの投資先が渋谷のビルであり、あなたが渋谷に行ったことがあるとします。すると、「今再開発真っ盛りなので、資金が必要なのも頷ける」など、自分なりに投資内容を肌で感じるのも面白いと思います。

お金を扱うということは経済の流れに敏感になるということでもあります。

社会人として、これから経済を担っていく方には絶好の勉強のチャンスとも言えます。

うまく投資と付き合って上手に仕事やプライベートに生かしていきましょう。

前月の口座開設数ランキング

国内業者比較

人気クラウドファンディング業者ランキング

1位 クラウドクレジット

迷ったらまずはここに口座開設!担保付きファンドも多く、最高水準のリターンが望めます!

平均利回り前月応募数注目度
2位1位1位
業者詳細はこちら
無料口座開設

2位 ラッキーバンク

新規ファンドはすぐに即完!抜群の安定感で利回りを得たい方は必ず口座開設しておきたい業者です。

平均利回り前月応募数注目度
5位3位2位
業者詳細はこちら
無料口座開設

3位 オーナーズブック

国内不動産に特化した業者。運営元の知識やノウハウが豊富なため、手堅い運用ができると人気。

平均利回り前月応募数注目度
15位2位3位
業者詳細はこちら
無料口座開設

自分のスタイルにあった業者を選ぼう