クラウドファンディング初心者がカモにされないための5つのポイント

クラウドファンディング初心者がカモにされないための5つのポイント

投資をしようにも資金が少ないという方。

投資の経験が少ない方。

上記のような方々には、クラウドファンディングは非常にオススメです。

少額からの投資が可能であるため、クラウドファンディングでの投資には準備に時間がかかりません。 そのため、投資としては敷居が低く、投資初心者にもオススメの投資なのです。

クラウドファンディングで利益を出すためには

クラウドファンディングは、投資の初心者にオススメではありますが、抑えておくべきポイントを抑えていないと、利益率が乏しいことも十分にあり得ます。

そこで、注意しておくべきポイントがいくつかあります。

今回は、初心者の方がカモにされないためのポイントを5つご紹介していきます。

1.リスクを減らすためには「分散投資」

いくらクラウドファンディングといえど、もちろんリスクはあります。リターンを得るためには、必ずリスクが存在するのです。

ですが、リスクは必ず避けられるものではないにしても、できる限り抑えたいところですよね。

そのリスクを減らすためには、投資の基本といえる「分散投資」がクラウドファンディングにも有効となります。

クラウドファンディングでの分散投資とは、投資先を特定の企業だけにせずに、複数企業相手に投資することによって、特定の企業に何か問題があった場合でも、アナタが被るマイナスの影響をできるだけ減らすことができるというわけです

少額の投資で、多数の企業相手に投資するのが、クラウドファンディングで稼ぎたい場合にはオススメの手法といえます。

2.元本が保証されていない

「元本が保証されていない」ということは、投資した額が元本よりも少なくなる可能性があるということです。 投資した額を元本と呼び、元本が減ってしまうということを「元本割れ」ともいいます。

場合によっては、「元本割れ」どころか、返ってこない場合もあり得ます。 この場合は、「貸し倒れ」といいまして、投資先の企業が倒産してしまった場合などに起こります。

ここまでの話から、クラウドファンディングがいくら分散投資によってリスクを抑えることができるとはいえ、投資額が確保されるわけではないということは覚えておきましょう。

例えば、「定期預金」は、利息をもらうためにお金を預けるという意味で、投資の一つです。しかし定期預金の場合は、投資した額(預けた額)が減るということはありません。

これが、「元本が保証されている」投資ということになります。

ローリスクローリターンということですね。

元本保証されている投資というものは、その分リスクが少ないため、得られるリターンも少ないのです。ですが、元本が保証されていない投資であれば、それなりのリスクがあるため、リターンも見込めるというわけです。クラウドファンディングについては、元本が保証されていないこともあり、高金利が設定されている場合が多いです。

定期預金のように、元本が保証されている投資ではないということを、まずは理解しておきましょう。 この考えが基準にないと、安易に投資してしまい、結果的にカモにされてしまうかもしれません。

3.リターンを重視しすぎない

そもそもがリスクが少なければ、リターンも少ないということは前述した通りです。 だからといって、逆にリターンを重視しすぎてしまわないように注意しましょう。

クラウドファンディングでは、投資先の企業が金利を大まかに決めます。 例えば、「利回りとして年率6%」と設定があれば、10,000円を投資した場合、その6%である600円を1年で稼ぐことができるという意味になります。

この利回りが少しでも高い相手に投資したいという意識が働くのは当然です。大きく稼ぎたいのは分かります。稼ぎたいから投資をしているわけですから。 ですが、リスクをあまり意識せずにリターンばかりに意識がいってしまうのは非常に危険なことなのです。 利回りが高めに設定してあるということは、そのリターンに応じたリスクがあるわけなのですから。

4.広告表現、誇大表現を鵜呑みにしない

投資を受ける側の企業は、できるだけ投資してもらいたいわけなので、大げさな広告表現をする場合があり得ます。場合によっては、誇大表現ではないかと思える表現もあります。

ですが、それらの表現を鵜呑みにしてしまっては、クラウドファンディングがリスクが抑えやすい投資といえど、リターンが見込めるどころか、元本割れしてしまうことでしょう。

<

span class=”redtext”>「元本割れ」、「貸し倒れ」は、投資する側からしたら何とか避けたいリスクです。広告表現を鵜呑みにした結果、このリスクを被ってしまっては悔みきれません。

広告表現や誇大表現を鵜呑みにしないためにも、投資先の企業情報をインターネットでよく調べて、多角的な視点から実態を把握し、それから投資を決断しましょう。

パソコン上でのマウスのワンクリックでできる投資とはいえ、その投資する決断をするまでの過程は今も昔も変わりません。

決断は急ぎすぎずに慎重にしましょう。スピードを求めるのは、その決断をした後の行動です。

5.短期の運用を意識しよう!

クラウドファンディングは、少額でも投資が可能であることは前述しましたが、他にもメリットがあります。 「短期運用」が可能ということです。

短期運用でしたら、リターンの大小があれど、投資資金を柔軟に使うことができるということです。

そのため、「少額投資」「短期運用」を組み合わせることによって、大きなリターンがのぞめるわけではありませんが、堅実な投資ができるでしょう。

初心者のうちは、「少額投資」と「短期運用」を組み合わせながら、知識と経験を蓄えていくのが良いでしょう。

さいごに

以上のことから、クラウドファンディングのメリットばかりに意識を取られていては、それこそカモにされてしまう可能性があることがお分かりいただけたでしょうか。

「3.リターンを重視しすぎない」を特に意識するべきでしょう。 リターンを重視しすぎることが根本的な原因で、アナタがカモにされてしまう恐れがあるわけなのですから。

とはいえ、前述した通り、リスクを抑えるために「少額投資」と「短期運用」をしただけでは、リターンはわずかなものでしょう。 そのため、「少額投資」「短期運用」を長期的に繰り返し、投資先は「分散投資」でリスク分散していくのが良いでしょう。 これで、上記の5つのポイントを網羅できます。

そしてお伝えしたいことがもう一つあります。

クラウドファンディングでは、設定されている利回り以上の大きなリターンが見込めるわけではないのですが、基本的には設定された利回りで投資されたお金が運用されます。そのため、大きなリターンが見込めるわけではありませんが、少しずつ着実にリターンを得ることができるというのが強みであるともいえるでしょう。

着実に、コツコツとリターンを稼いでいきたいのであるなら、クラウドファンディングを活用しない手はないでしょう。

クラウドファンディングは、短期的に大きくリターンを得ることができる投資ではありませんが、初心者という自覚がある方の場合は、まずは「大きく負けないこと」を意識した投資をしていきましょう。 それができるのであれば、クラウドファンディングは初心者にとっても非常にオススメの投資であるといえます。

前月の口座開設数ランキング

国内業者比較

人気クラウドファンディング業者ランキング

1位 クラウドクレジット

迷ったらまずはここに口座開設!担保付きファンドも多く、最高水準のリターンが望めます!

平均利回り前月応募数注目度
2位1位1位
業者詳細はこちら
無料口座開設

2位 ラッキーバンク

新規ファンドはすぐに即完!抜群の安定感で利回りを得たい方は必ず口座開設しておきたい業者です。

平均利回り前月応募数注目度
5位3位2位
業者詳細はこちら
無料口座開設

3位 オーナーズブック

国内不動産に特化した業者。運営元の知識やノウハウが豊富なため、手堅い運用ができると人気。

平均利回り前月応募数注目度
15位2位3位
業者詳細はこちら
無料口座開設

自分のスタイルにあった業者を選ぼう