CAMPFIRE経済圏確立へ!ビットコイン決済導入で投資家メリットは?

CAMPFIRE経済圏確率へ!ビットコイン決済導入で投資家メリットは?

クラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」を運営する株式会社CAMPFIREは、ブロックチェーン技術「mijin(R)」と仮想通貨取引所「Zaif(R)」を提供するテックビューロ株式会社と提携し、2017年3月27日より仮想通貨取引所「FIREX(ファイヤーエックス)」を開設します。

FIREXでは、仮想通貨「Bitcoin」(ビットコイン)やCAMPFIRE独自のトークン「CAMPFIRE COIN (※仮称)」などの取引を計画しており、送金スピードや手数料負担の削減など、さらにユーザーにとって使いやすいサービスにしていくのに加え、巨大な「CAMPFIRE」経済圏の確立を目指してより具体的に動き始めました。

ソーシャルレンディングへの参入

CAMPFIREは2017年夏に投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)への参入も予定しており、ここでもこの仮想通貨サービスは利用される見込み。当然既存の購入型でいち早く導入され、その経験値やノウハウが投資型に生かされる、という流れでしょう。

FIREXの仕組み

FIREXで仮想通貨を使用して支援ができるようになった場合のメリットは、プロジェクト実行者への送金がスムーズになったり、決算手数料の負担が減ることが挙げられます。具体的な送金の日数など詳細は発表されていませんが、仮想通貨はおおよそ数日もしくは即日が可能なサービスですので、CAMPFIREでもそのくらいのスピードが可能になると思われます。

また、手数料に関してですが、CAMPFIREはすでに手数料を20%から5%へ大幅に削減しているため、今後仮想通貨の取引でどうなるかは分かりません。しかし、そもそもの仮想通貨のメリットとして手数料を抑えられるという点が挙げられるので、現状より高くなることはないでしょう。

CAMPFIRE経済圏の確立

CAMPFIRE代表の家入氏は、プレスリリースの中で以下のように述べています。

FinTechの本質とは何か。あらゆる金融サービスの体験、貨幣や流通のトランザクションを身近にするものかもしれません。

CAMPFIREは、インターネットを使ったクラウドファンディングプラットフォーマーとして、これまでに誰しもが声をあげられる場をご提供して参りました。次に私たちが目指すことは、「誰しもが支援できる場」の整備です。さらに「お金をなめらかにする」ため、CAMPFIREは仮想通貨取引所「FIREX」のサービスを開始致します。

この1年のCAMPFIREの徹底したユーザー目線での改革は金融界に大きすぎる衝撃を与えています。

今回のビットコイン導入も投資型への参入も、他のサービス業者では到底真似できないダイナミックな行動力ゆえのものでしょう。

まだ投資型は始まっていませんが、ローンチの際には期待を裏切らない画期的なサービスを提案するはずです。ますます期待が膨らみますね!

前月の口座開設数ランキング

国内業者比較

人気クラウドファンディング業者ランキング

1位 クラウドクレジット

迷ったらまずはここに口座開設!担保付きファンドも多く、最高水準のリターンが望めます!

平均利回り前月応募数注目度
2位1位1位
業者詳細はこちら
無料口座開設

2位 ラッキーバンク

新規ファンドはすぐに即完!抜群の安定感で利回りを得たい方は必ず口座開設しておきたい業者です。

平均利回り前月応募数注目度
5位3位2位
業者詳細はこちら
無料口座開設

3位 オーナーズブック

国内不動産に特化した業者。運営元の知識やノウハウが豊富なため、手堅い運用ができると人気。

平均利回り前月応募数注目度
15位2位3位
業者詳細はこちら
無料口座開設

自分のスタイルにあった業者を選ぼう