国内2社目!DANベンチャー、株式型クラウドファンディングに参入

DANベンチャーキャピタル(東京・千代田)は、出資の見返りに未公開株を渡す株式型のクラウドファンディング事業に参入します。

7月末に関東財務局に第1種少額電子募集取扱業者の登録を終えており、9月にも営業を始める予定です。

国内では、日本クラウドキャピタルが運営するFUNDINNOに次ぐ2社目の株式型となります。

国内2社目の株式型クラウドファンディング

DANベンチャーキャピタルが出資先企業を募集し、クラウドファンディングで資金を集めます。

手数料は発行価額の10%(当初は8%)で、株式の発行体企業ではなく、投資家が負担する仕組みとする予定。

出資先が成長し、上場時に売却すれば投資家は株式の値上がり益を得られる一方、破綻すれば価値がゼロになるリスクを抱えています。

ハイリターンに魅せられて海外ではかなりメジャーな投資として浸透している株式型クラウドファンディング。

いよいよ国内でも2社目。賑わいを見せてきました。

FUNDINNOの現時点での大成功を見て、次に手を挙げたDANベンチャーキャピタル。

9月1日に専用WEBサイトGoAngel(ご縁ジェル)というサイトをオープンし、そこで一般公募で資金を集めるようです。

未公開株のための証券市場「グリーンシート」が廃止になるため、新たなリスクマネーの受け皿として株式型のクラウドファンディングを金融インフラとしたい考えのようです。

前月の口座開設数ランキング

国内業者比較

人気クラウドファンディング業者ランキング

1位 クラウドクレジット

迷ったらまずはここに口座開設!担保付きファンドも多く、最高水準のリターンが望めます!

平均利回り前月応募数注目度
2位1位1位
業者詳細はこちら
無料口座開設

2位 ラッキーバンク

新規ファンドはすぐに即完!抜群の安定感で利回りを得たい方は必ず口座開設しておきたい業者です。

平均利回り前月応募数注目度
5位3位2位
業者詳細はこちら
無料口座開設

3位 オーナーズブック

国内不動産に特化した業者。運営元の知識やノウハウが豊富なため、手堅い運用ができると人気。

平均利回り前月応募数注目度
15位2位3位
業者詳細はこちら
無料口座開設

自分のスタイルにあった業者を選ぼう