ファンディーノが第一号案件を発表!募集殺到ですぐに満額成立!

ファンディーノが第一号案件を発表!募集殺到ですぐに満額成立!

日本初の株式投資型クラウドファンディング「FANDINNO(ファンディーノ)」が、長い沈黙を破り、ついに第1号のファンドの募集を開始しました。

誰でも少額で中小企業の株主になれるという株式投資型クラウドファンディング。法規制緩和を受け国内初業者としてオープンし、投資家の注目を一身に背負っていたファンディーノがついに動きます。

ファンディーノの仕組み

ファンディーノ、つまり株式投資型クラウドファンディングは、非上場株式を発行しインターネットを通じて日本中の投資家から少額ずつ資金を集めることのできる新しい資金調達の手段です。

投資家はFUNDINNOで紹介する企業の中から応援したい中小・ベンチャー企業へ投資をし、投資先企業が将来的に株式上場をし、株価が上昇した場合にはキャピタルゲインを得ることができる他、M&A等によって株式価値が上昇する可能性もあります。また、投資先企業が配当や株主優待をしている場合にはそれを受けとることができます。

従来の投資型クラウドファンディングがインカムゲインなのに対し、スキームが大きく違います。

達成率300%、即募集締め切りに。

注目の第1号案件は、請求書のクラウド共有サービスを扱うBank Invoice株式会社。

同会社のサービス「BANK INVOICE」は、従来、紙やPDFで送付していた請求書を、クラウド上で“請求書の原本”を相手先企業と共有データ化することができる新しい請求書管理システムです。銀行の振込データと連携させることで、支払・入金情報をリアルタイムで双方がアップデートすることができます。

近年発達したフィンテックのサービスで、これからの発展が見込まれ、第1号ファンドに選定されたのでしょう。

Bank Invoice : https://fundinno.com/projects/1

募集開始後すぐに応募が殺到し、300%越えの状態になっております。現在はもう募集を終了していますが、投資家の期待がかなり現れています。

今後、優待や配当がどうなっていくのか、状況を見守っていきたいと思います。

前月の口座開設数ランキング

国内業者比較

人気クラウドファンディング業者ランキング

1位 クラウドクレジット

迷ったらまずはここに口座開設!担保付きファンドも多く、最高水準のリターンが望めます!

平均利回り前月応募数注目度
2位1位1位
業者詳細はこちら
無料口座開設

2位 ラッキーバンク

新規ファンドはすぐに即完!抜群の安定感で利回りを得たい方は必ず口座開設しておきたい業者です。

平均利回り前月応募数注目度
5位3位2位
業者詳細はこちら
無料口座開設

3位 オーナーズブック

国内不動産に特化した業者。運営元の知識やノウハウが豊富なため、手堅い運用ができると人気。

平均利回り前月応募数注目度
15位2位3位
業者詳細はこちら
無料口座開設

自分のスタイルにあった業者を選ぼう