人気業者特集
クラウドクレジットのすべて
  • 金利10%以上のファンド多数
  • 初心者に優しい最低投資額 10,000円
  • 為替ヘッジで過去には利回り28%にも!

投資収益シミュレーション

投資額(10,000円~)を入力すると
運用後の収益額が表示されます

投資予定額
利回り 12.9%
運用期間 13か月
収益

算出例:【ロシアルーブル建て】
マイクロローン事業者ファンド11号

怪しい悪質業者はゼロ!安全に利回りを提供する優良業者特徴まとめ

怪しい悪質業者はゼロ!安全に利回りを提供する優良業者特徴まとめ

sinrai

クラウドファンディング運営会社選びは安全性が第一。提示された利回りを安心して享受することのできる優良業者は一体どこなのでしょうか。

現在、我が国ではほとんどのクラウドファンディング運営会社は優良業者に数えても良いと言えるくらい、目立ったトラブルもなく安定的な運営がなされています。

しかし、今回はその中でも特に選りすぐりの業者を5社ピックアップ。それぞれの特徴についてまとめてみました。正直なところ5社全てに口座を開いて頂きたいところなのですが…。ご自分のフィーリングにマッチした企業は必ずチェックしてみてくださいね!

安全度を追求!優良業者をまとめてみた!

どんな業者が危険かを知ることはもちろん大切ですが、初心者にとっては「ここなら安心!」という業者を名指しで示してもらえた方が正直手っ取り早いですよね。初心者の場合は案件の中身を見てもスキームがよく理解できなかったり、リスクが大きいのか小さいのか判断に迷うことがとても多いと思います。

というわけで、「まずはここからスタートしておけば間違いないですよ」という業者を特徴とともにまとめてみました。

それぞれ個性がありますし、安全性の面ではばっちりでもそのほかの面では投資家それぞれの好みがあると思います。可能な限り、合う・合わないが分かるようにまとめてみたので同時に自己分析をしながら読み進めて頂ければと思います。

大手に勝る安全性は無し?

taisetu

新規業者や中小業者と比べて大手業者が安全であることはやはり間違いがありません。クラウドファンディング運営会社はいろいろな法律によってその活動内容が定められていますが、投資家保護力という意味で考えてみても財務基盤の強力な大手業者はかなり有利であるわけです。

また、優良案件は各社で取り合いになるわけですが、その時に調達者により良い条件を提示できるのもやはり大手業者なのです。つまり真正面から正攻法、王道の案件を安全に提供できるのが大手業者であるというわけです。

美味しいのは新規業者

%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%ac%e5%88%a9%e5%9b%9e%e3%82%8a

一方で新規業者の場合は工夫を凝らしたユニークな投資案件が魅力となっています。募集規模は小さくともリスクに比べてリターンが大きい案件を取り扱っている業者もあり、大手を使わない選択肢として十分機能しているのです。

このような業者に対しては資金の一部を入金しておき、美味しい案件が発表された時だけスパッと参加するのが賢い使い方だと言えるでしょう。

押しも押されぬナンバー・ワン業者「maneo」

manneo

日本における融資・投資型クラウドファンディング市場の半分以上を占める巨大ナンバー・ワン業者が「maneo」です。この規模感だけでも十分オススメする理由になるのですが、その特徴をしっかりチェックしてみると「なるほど、こりゃ成長するわけだ」という納得ポイントがいくつも見つかるのです。

GMOクリックも出資者に!

GMO

maneoの出資者を調べてみると、あのGMOクリックが名を連ねている点に気が付きます。GMOといえばFXを始めとしてクラウドファンディング以外の投資分野で活躍中の大企業です。これは近い将来、投資型クラウドファンディングに本格参入する際にもそのノウハウを活用出来る事が期待されますね。

現時点で財務状態抜群のmaneoですからその潤沢な資金を活用してこれからも安定成長が望めると思います。

お得なキャンペーンローンファンドも豊富!

fand

maneoの取扱ファンド一覧を見てみると、お得な利回り設定となっているキャンペーンローンファンドがこれでもかというぐらいたくさん設定されています。当然、利回りが通常よりも上乗せされているのでかなりお得感が強いですね。ほとんど無条件で案件の安全性は信頼できますから、maneoを使う場合は利回りだけに注目していれば良いのも楽で助かります。

他にもmaneoの商品構成は非常に多彩ですね。中小企業支援型ローンファンドにエコ・エネルギー事業、もちろん不動産型と全方位に投資することができます。やはりこの総合力がmaneoをここまで成長させたのでしょう。

どの切り口から見ても安定感が抜群との印象です。それはある意味「特徴が無い」とも言えるのですが、逆に良い意味で特徴が無いというのが最大の特徴だと言えますね。

全案件不動産担保付き!「ラッキーバンク」

既に累計募集金額は65億円を突破。中堅から大手へとのし上がる寸前となっているのがラッキーバンクです。ラッキーバンクは年間利回りが6%〜10%と比較的高いのが特徴。

安心度が高いのに利益もバッチリというなかなか珍しいクラウドファンディング業者さんなんです。

全案件不動産担保付きだから安全!

rakibannn

ラッキーバンクは主に国内の不動産事業者向けに、土地・建物開発資金を融資するファンドです。融資対象となるのは当然立地や事業内容が審査された案件だけですが、同時に全ての案件に不動産担保が設定されています。

かなり保守的な設定となっているため、若干募集案件数が少ないのがネックですが、逆にいろいろと迷わなくて済むので初心者にとっては優しいかもしれませんね。最近は募集総額65億円突破記念ファンドが多くリリースされており、利回りは税引前でなんと10%。

不動産型でしかも担保付き案件でこの利回りは見逃せません。不動産型のクラウドファンディングに興味のある人はチェックしてみることをオススメ致します!

巨大グループの恩恵を受ける「SBIソーシャルレンディング」

maneoにはまだまだ及ばないものの、今後の成長と市場の占有率上昇が期待されているのがSBIソーシャルレンディングさんです。その名の通り巨大金融グループSBIファミリーの一員ですね。間違いなく財務状態は良好ですし、グループの方針的にもどんどん攻めの姿勢を打ち出してくると考えて間違いありません。

そもそもソーシャルレンディングって何?

hennkinnsumu-zu

ちなみに「ソーシャルレンディング」とはクラウドファンディングとほぼ同じ意味の言葉です。クラウドファンディングには購入型や寄付型など、資金ニーズのある調達者に対して多数の出資者がお金を拠出するという枠組みのことを広く意味しています。

一方、ソーシャルレンディングはその中の個人融資のみを指す言葉です。

SBIグループのノウハウを活かす強み

SBI

SBIソーシャルレンディングはSBIグループ他社の持つ金融ノウハウを最大限に活かしてリスク管理を行っています。

特に案件の審査においては自社で行うだけでなく、グループ企業にも査定を依頼し、全てをクリアしなければ案件として資金募集は行わないという徹底ぷりです。つまり、SBIソーシャルレンディングにラインナップされている案件はどれも限界までリスクを排除されたものばかり、となるわけです。

SBIソーシャルレンディングでは過去に個人の小口融資ファンドが廃止になった経緯があります。

経済不況による影響で焦げ付き案件が発生してしまったからですが、このようなトラブルに負けずに今後ともユニークで利回りの高い、他社にはない商品をガンガン開発してもらいたいと思います。それがSBIスピリッツですし、多少失敗しても投資家に迷惑を掛けないくらいの資金は持っているわけですからね!

優良不動産案件がいっぱい!「OwnersBook」

不動産特化型のOwnersBookは新規業者ながらかなりの実力派と言えそうです。経営陣以下、スタッフは不動産に精通したプロフェッショナル揃い。少数精鋭制で優良案件のみをピックアップしています。公式サイトからもOwnersBookの漲る自信がビンビンに伝わってくるのです。

OwnersBookの運営コンセプト

owner

OwnersBookは「プロしか参加できなかった案件を個人投資家にも紹介する」というコンセプトの元に運営が行われています。確かに不動産型クラウドファンディングは優良案件が多いものの以前は金融機関や一部のプロ投資家だけしか参加することができませんでした。

個人投資家にもしっかり儲けてもらおうというOwnersBookのコンセプトは我々にとって非常に嬉しいですし頼もしいと言えますね。

また、OwnersBookでは定期的に少人数制のリアルセミナーも開催されています。ネットを駆使することによって成立するクラウドファンディングですが、その一方で運営者と全く顔を合わす機会もなく大きなお金のやり取りをするのはやはり少し抵抗がありますよね。

セミナー後は座談会形式による親睦会も行われており、経営陣と直接腹を割って話をする事ができるのです。このようなイベントにも一度は参加しておきたいですよね。

堅実な運営方針が魅力「AQUSH」

aqush

AQUSHは2009年から運営を開始した中堅のクラウドファンディング運営会社です。ユニークなオリジナル商品の設定がある一方、比較的利回りで安全性を最優先した商品もあり、いろいろなタイプの投資家からバランス良く支持を集めているようです。

AQUSH最大の特徴!ローン・マーケットってなんだ?

ro-n

AQUSHにはオリジナルの商品、ローン・マーケットがあります。これはお金を借りたい個人と、お金を貸したい個人とをAQUSHが結びつけるサービスで、AQUSHが独自のリスク算定を行い金利を決定し、それをネット上でヒートマップ形式で公開するという斬新な方式となっているのです。

金利設定は4%〜15%で、当然借り手の与信力が最大であれば4%ということになります。借り手に対する調査は信用情報機関や個人の属性情報、過去のクレジットヒステリーなどを対象に行われます。

ローン・マーケットのように個人から個人というミクロな世界では、あまり社会全体の景気変動の影響を受けないため、逆に安定感が高いという意見も多いようですね。

前月の口座開設数ランキング

国内業者比較

人気クラウドファンディング業者ランキング

1位 クラウドクレジット

迷ったらまずはここに口座開設!担保付きファンドも多く、最高水準のリターンが望めます!

平均利回り前月応募数注目度
2位1位1位
業者詳細はこちら
無料口座開設

2位 ラッキーバンク

新規ファンドはすぐに即完!抜群の安定感で利回りを得たい方は必ず口座開設しておきたい業者です。

平均利回り前月応募数注目度
5位3位2位
業者詳細はこちら
無料口座開設

3位 オーナーズブック

国内不動産に特化した業者。運営元の知識やノウハウが豊富なため、手堅い運用ができると人気。

平均利回り前月応募数注目度
15位2位3位
業者詳細はこちら
無料口座開設

自分のスタイルにあった業者を選ぼう