人気業者特集
クラウドクレジットのすべて
  • 金利10%以上のファンド多数
  • 初心者に優しい最低投資額 10,000円
  • 為替ヘッジで過去には利回り28%にも!

投資収益シミュレーション

投資額(10,000円~)を入力すると
運用後の収益額が表示されます

投資予定額
利回り 12.9%
運用期間 13か月
収益

算出例:【ロシアルーブル建て】
マイクロローン事業者ファンド11号

高利回りのクラウドクレジット。リスクとデフォルトの発生歴は?

高利回りのクラウドクレジット。リスクとデフォルトの発生歴は?

攻めっ気の強い投資家に大人気のクラウドグレジット。ローリスク・ローリターンがメインとなるクラウドファンディングの世界においてもやや異質と言える存在です。

今回はこのクラウドクレジットというクラウドファンディング業者についていろいろな角度から調査を行いましたのでその情報を皆さんとシェアしたいと思います。クラウドクレジットは危険なのかどうか。そもそもどんな案件を扱っているのか。実際の利用者の声と共にご紹介させて頂きます!

クラウドクレジットってどんな会社?

クラウドクレジットは一部の投資家からとても熱い支持を受けているちょっと特殊なクラウドファンディング業者です。どのような点が特殊なのかというと、基本的に「海外向け案件」しか取り扱っていないのです。経営陣を始め、スタッフほぼ全てが海外投資のエキスパートであり、独自の情報網を持っているため高品質な案件を豊富に取り扱うことができるのです。

クラウドクレジットの公式サイトにある「会社概要」をチェックしてみると、株主の欄に「伊藤忠商事」や「マネックスベンチャーズ」といった会社名を見ることができます。伊藤忠商事といえば日本トップクラスの商社であり、マネックスベンチャーズはその名の通り巨大金融グループ「マネックス」の中の一社です。これらの有名企業のバックアップもあり、日本から遠く離れた国々の案件を効率的に低コストで獲得できるというわけなのでしょう。

クラウドクレジットでの取扱案件

クラウドクレジットで取り扱われている案件は、ほぼ全てが海外向けである事は上述した通りです。では、具体的にどのような国々へと融資を行っているのかというと…

  • ロシアルーブル建て マイクロローン事業者ファンド(13.5%)
  • ペルー小口債務者支援プロジェクト(10.5%)
  • 東欧金融事業者支援ファンド(10.5%)
  • リトアニア個人向けローンファンド(11.2%)
  • カメルーン中小企業支援プロジェクト(13.0%) ※(%は想定利回り)

等となっています。いずれも利回りは10%を越えていますね。これは5%前後が一般的とされている国内のクラウドファンディング案件の2倍以上というとても高い値です。投資では当然高い利回りを追求するのが利益を伸ばすための最優先事項ですから投資家から人気が出るのも頷けます。ただ、後述しますが、最近ではややリスクが上昇傾向にあるようなのです。

利用者の評価・クチコミ情報

では続いて現在クラウドクレジットを利用している投資家さん達の生の声を集めてきましたのでご紹介しましょう。皆さん、利回りには大満足されていますが先行きに若干の不安を持っているようですね…。

・落ち着いた投資方法を探していてクラウドクレジットさんに出会いました。他のクラウドファンディング会社さんも検討したんですが、やっぱり利回りの高さでは群を抜いていますね!(20代男性)

・これまで約1年半、クラウドクレジットさんでは相当稼がせてもらいました。正直、素人の私が安定して年利換算10%近いリターンを出せているのはクラウドクレジットさんのお陰という他はありません。ただ、今後もずっとクラウドクレジットさんオンリーで行くべきかどうかには迷いがあります。(40代男性)

・ここ最近、アフリカや東欧系の案件には手を出さないようにしています。世界的にテロも増えていますしね…クラウドクレジットさんは利回りは高いので投資のし甲斐はあるのですが、少し怖さも感じています。(30代女性)

確かにクラウドクレジットほど利回りが高ければ多少のリスクは受け入れてでも投資をする意義はありますよね。国別、都市別で選別する腕があればリスクを避けながら相当美味しい思いができそうに感じられます。

投資家からの評判は上場!ただし今後の展開によっては案件数が激減する恐れも。

クラウドクレジットの現状とは?!

クラウドクレジットのリスクと現在の状況はどうなっているのでしょうか。最近、一部では海外案件のリスクが上昇中と報じられていますが、クラウドクレジットもどうやら例外ではないようです。ただ、リスクの高い案件を細かくチェックしていくと一定のパターンがあるようです。つまり「押さえるべきポイントを押さえればリスクを回避できる」というわけですね。

返済遅延が発生中?

クラウドクレジットに限らず、クラウドファンディング投資のリスクとは融資先の企業がクラウドファンディング会社に対して資金が返済できなくなってしまう、いわゆるデフォルトリスクのことを意味しています。また、海外案件については為替リスクも存在しますが、やはり一番気にすべきは相手の与信力だと言えるでしょう。

実はクラウドクレジットの案件の中で、返済の遅延が発生している案件が存在するのです。その案件は「欧州三カ国個人向け案件」や「イタリア個人向け」、「北欧個人向け」、「カメルーン中小企業向け」等となっています。つまり「個人向けの融資案件」と「アフリカ向けの融資案件」で目立ったリスクが発生しているということですね。

昨年末時点ではクラウドクレジットで運用中の案件中、約6%に返済遅延が発生しているとのことで、これは看過できない数字と言えます。当然クラウドクレジット側も事態を重く見ているようで、公式サイト上で更なるリスク分散に言及するなど投資家と一体となってファンドの安心・安全を確保するために頑張っているようです。

リスクは上昇傾向に

ただ、投資家側でリスク分散をするといっても限界がありますよね。現状では「個人向け案件には手を出さない」というのが最も簡単で確実な方法だとは思いますが、クラウドクレジット側の対策が後手に回り続けるようであればクラウドクレジットに対する投資そのものを考えなければならなくなってしまいます。

これだけの高い利回りを提供でき、かつ豊富な海外案件を確保している業者はクラウドクレジットのみと言える存在ですから、ここはなんとか踏ん張ってもらいたいですね。

個人向け融資案件に遅延が多数発生中!今後もリスクが上昇し続けるようなら既存投資家が一斉に逃げ出すかも?!

その他の業者は大丈夫?

ここでちょっと他の業者のトラブルや過去の損失歴についてチェックしてみましょう。基本的に安全性の高いクラウドファンディング投資ですが、日本で解禁となった当時はいろいろとトラブルもあったようです。我々投資家としても過去のネガティブな歴史を知ることで今後に活かせることがあるのではないでしょうか。

他の業者のトラブル発生歴

例えば現在日本でのクラウドファンディング市場で最強を誇る「maneo」ですが、運営開始当初は個人向けの融資案件に多数の遅延が発生し問題となりました。その後、個人向けの案件は完全にクローズし、今では事業者向けの案件だけを取り扱っています。また、大手金融グループの「SBIソーシャルレンディング」でも、過去に個人向けの案件を扱っていましたがやはりデフォルトが発生してしまい現在では取扱いを中止しています。

やはり、クラウドファンディングに関しても「海外案件だから危険」というわけではなく、むしろ「個人案件だから危険」と理解した方が良さそうですね。実際maneoもSBIソーシャルレンディングも個人融資案件を取扱中止としてからは何もトラブルが起きておらず現在抱えている案件中、遅延率はゼロ%となっています。

他の業者のリスク、現状は?

maneoやSBIソーシャルレンディング以外の業者においても現状、ほぼリスク案件は存在しないと言える状況です。この安全な環境が維持されている限りはクラウドファンディング市場は今後も成長を続けると見て間違いなさそうですね。ただ、市場が飽和してくればそれに伴って再び個人向け案件を開始する業者や、新たに個人向け案件専門のクラウドファンディング業者が登場しないとも限りません。個人向け案件は絶対NGとは言いませんが、常に利回りとリスクの関係を慎重に計る姿勢は持ち続けなければなりませんね。

他社に関しては現在、個人向け融資の取扱無し!当然、遅延案件も無し!

クラウドクレジットで投資すべきか否か?!

クラウドクレジットは更なる投資家の利便性向上のため、「ポジション一括管理機能」をリリースしています。これは、ポートフォリオ全体を手軽に把握し、かつ利回りを確認するためのもので、今後いつお金が戻ってくるかの満期プロファイルもチェック可能となっています。また、為替ヘッジがついていない案件のために、想定為替レートを投資家自身が変更しながら利回りを確認することのできる機能も実装されていますので、これまでよりも更にリスク・リターンを正確に認識できるようになったのです。

海外案件の魅力は大きい

クラウドファンディングで取り扱われる案件としては比較的リスクの高い海外案件。初心者のうちからガンガン資金を投入するのには向いていませんが、ある程度経験のある投資家が、ある程度のリスクを受け入れながら高い利回りを狙うにはとても好都合な商品であることは間違いありません。

あくまでも分散投資の一環として!

海外案件はあくまでも分散投資の一環として、活用するのがベストと言えますね。前述した通り、個人向け案件はなるべく避けた方が良さそうですが、政情の安定した地域に対する事業性案件であればリスクは限定することができそうです。

クラウドクレジットは優良海外案件を多数提供してくれる投資家にとっては貴重な存在です。是非、トラブルに適切に対応して頂き、これからも投資家とのWIN-WINの関係を堅持してもらいたいと思います。

海外向け案件を選ぶならやっぱりクラウドクレジットが最も適切。個人向け案件を避けながらリスクを押さえ込みましょう!

前月の口座開設数ランキング

国内業者比較

人気クラウドファンディング業者ランキング

1位 クラウドクレジット

迷ったらまずはここに口座開設!担保付きファンドも多く、最高水準のリターンが望めます!

平均利回り前月応募数注目度
2位1位1位
業者詳細はこちら
無料口座開設

2位 ラッキーバンク

新規ファンドはすぐに即完!抜群の安定感で利回りを得たい方は必ず口座開設しておきたい業者です。

平均利回り前月応募数注目度
5位3位2位
業者詳細はこちら
無料口座開設

3位 オーナーズブック

国内不動産に特化した業者。運営元の知識やノウハウが豊富なため、手堅い運用ができると人気。

平均利回り前月応募数注目度
15位2位3位
業者詳細はこちら
無料口座開設

自分のスタイルにあった業者を選ぼう