人気業者特集
クラウドクレジットのすべて
  • 金利10%以上のファンド多数
  • 初心者に優しい最低投資額 10,000円
  • 為替ヘッジで過去には利回り28%にも!

投資収益シミュレーション

投資額(10,000円~)を入力すると
運用後の収益額が表示されます

投資予定額
利回り 12.9%
運用期間 13か月
収益

算出例:【ロシアルーブル建て】
マイクロローン事業者ファンド11号

クラウドファンディング登録や入金のやり方・始める為の準備について

クラウドファンディング登録や入金のやり方・始める為の準備

jyunbi

クラウドファンディングによる投資を実際に始めるためには運営会社を選定し、口座開設を行い、入金を完了しなければなりません。今回は、この一連の流れを具体的に解説していきたいと思います。

業者によって口座解説の仕方は若干異なりますが、基本的に必要となる書類などは同じです。決して難しい事はありませんが、記入内容をミスしてしまうと後々訂正などで余計な手間が掛かったり、投資を開始できるタイミングが遅れたりしますので注意が必要です。それでは早速、クラウドファンディング投資を始めるための簡単な復習からスタートしましょう!

クラウドファンディングを始める前に必要な知識

まずはクラウドファンディング投資を始めるために必要な知識とは一体何なのかについて解説していきます。

投資と聞くと初心者の人は身構えてしまいがちですが、ファイナンシャルプランナーのような経済や金融のプロでなくとも投資は可能ですし、しっかりとした利益を手に入れることができます。

それにクラウドファンディングは数ある投資の中でも最も簡単で、投資家側の技量があまり必要のない金融商品であると言えるのです。

クラウドファンディングの仕組みを復習

tisiki

クラウドファンディングはこれまでの投資商品とは根本的に仕組みが異なります。通常、投資といえば、購入した物(例えば株式)の価値が買値よりも上昇し、それを売却する事によって利益を得ることを目的とします。

しかし、クラウドファンディングの場合は小口の個人投資家が多数集まり、事業主やプロジェクトに対してまとまった資金を融通した上でその利息を収益として分配する形となります。

そのため、相場展開への先読み、のような技量は必要無く、また毎日毎日相場とにらめっこしている必要もありません。融資先の選定がよほど間違っていなければ、出資した後は特に何も考えなくとも収益を得られる点が大きな特徴と言えるわけです。

経済や金融の知識はどの程度必要?

paso

クラウドファンディングには難しい経済や金融の知識は必要ありません。ただ、クラウドファンディングに関する最低限の理解は要りますね。また、海外向けファンドに出資する場合は当該国の状況についてある程度の下調べはしなくてはいけません。

その他の必要な知識といえば、商品ごとの手数料や分配金の入金時期、年間で利益が出た場合の確定申告の方法などです。ちょっと面倒くさいと思われるかもしれませんが、実際にやってみると意外と簡単ですので心配することはありませんからね。

クラウドファンディングで最もポピュラーで人気のある不動産関連のファンドですが、これも決して不動産に関する深い知識が必要というわけではありません。むしろ専門的な知識や経験が必要な部分の査定はしっかりと運営会社が行ってくれているからこそ、クラウドファンディングを活用する意義があると考えるべきです。

投資する先の場所がある程度分かる場合は、その場所に関する最低限の知識(商業地なのか、住宅地なのか、人口はどのくらいあるか等)は調べた方がよりベターではありますが、それすら必須ではないのです。

業者選びで最低限押さえておきたいポイント

口座を開設するにあたって、まずは業者をきちんと選ばなければいけません。この時、必ずしも一社だけに絞る必要はありません。気になる業者が2社、3社あるのであればとりあえず口座開設だけしておく分には何も問題は無いのです。

ただ、5社以上になると管理が煩雑になりますので多すぎるのは考えものですね。とりあえずは2〜3社程がオススメと言えます。

クラウドファンディング運営会社にはいろいろな特色がありますが、まずは自分がどのような投資プランを持っているのか自己分析してみましょう。とにかく資金の回転力を上げて最大利益を目指すのか。それともゆっくりまったり「気付けばお金が増えていた」くらいのテンションで投資するのか。

クラウドファンディングによる投資を始めて以降の自分の生活スタイルをイメージする事でよりはっきりと開設すべき業者が選別できるようになります。

投資を始める前の今の環境をあまり変化させたくないという人は、比較的各案件の運用期間が長めに設定されている業者を選ぶべきですね。

他の投資商品をメインとする場合

secyou

既に他の金融商品を使って投資をしている人の中には、全体のポートフォリオの一部としてクラウドファンディングを追加したいと考えている人も多いことでしょう。

その場合は、クラウドファンディングに向ける資金はあくまでも「遊ばせていてはもったいないお金」に限ることになります。一度出資ししてまうと数ヶ月以上は資金が拘束されますので緊急性のあるお金はクラウドファンディングには向きません。

一方で、時間は掛かっても極めて手堅く利回りを得ることができるのがクラウドファンディングの大きな長所です。クラウドファンディングを活用することで投資成績の向上と安定の両方が達成できることでしょう。

クラウドファンディングをメインとする場合

178

クラウドファンディングを投資収益のメインとして利用する場合はある程度利回りの高い案件を取り扱っている業者を選ぶ方が良いでしょう。だいたい2社から3社くらいをチョイスし、バランス良く常時何らかの案件に資金を投入している状態をキープした方が利回りが良くなります。

それぞれの業者には特徴があります。不動産特化型や海外向け特化型等、専門分野のある業者はやや利回りが高く設定されていたりリスクに関する開示が丁寧だったりとメリットも多いのです。

複数の業者を使いまわす手間を惜しまないのであれば、専門業者を利用した方が収益性が上がりますが、面倒だという人や、とりあえず一社だけでオールマイティーに投資したいという人は大手総合タイプのクラウドファンディング業者を選ぶと良いでしょう。

クラウドファンディングの登録の仕方

ここからは具体的な口座開設手続きについて順を追って説明していきます。とは言っても実際、何も難しいことはありません。普通の金融機関に口座を開くのと大してなにも変わりません。

必要書類を揃えよう

honnninkakuninn

個人がクラウドファンディング運営会社に口座を開設しようとする場合、必要となるのは本人確認書類と銀行情報、そしてマイナンバーになります。マイナンバーについては通知カードか個人番号カードがあればOKです。

本人確認書類は運転免許証、印鑑登録証明書、保険証、パスポート、住民票、住民基本台帳カード等が該当します。そしてお金の入出金を行うための銀行情報は通帳のコピーがあれば大丈夫です(銀行名・支店名・口座番号・口座名義が分かる面のコピー)。

口座開設はあっという間に完了!

good

必要書類が揃ったらあとはクラウドファンディング運営会社の公式サイトから情報を登録しましょう。この作業は淡々と入力フォームを埋めるだけですので30分も掛かりません。運営会社によりますが、約5日前後で開設処理が完了する場合が多いようです。

口座を開設できたら次は入金!

ここまで来れば次はいよいよ入金です。クラウドファンディング運営会社の口座にお金を入れ、気になる案件を見つけたらすぐに投資できるよう準備を整えます。案件を見つけてから入金してももちろんよいのですが、万が一タッチの差で募集金額が達成されてしまい、投資することが出来なくなってしまってはもったいないですからね。

入金方法はとっても簡単

nyukin

入金方法はとっても簡単です。処理は全てネット上で完了します。クラウドファンディング運営会社から指定された口座にお金を振り込むか、又は運営会社の公式サイトから対象金融機関のネットバンク画面を直接開き、お金を振り込むだけです。運営会社によっては口座へのお金の反映が5日程掛かる場合がありますので早目に手続きを済ませておいた方が良いですね。

入金(出金)時に気をつけておきたいこと

kn

入金時には手数料が掛かることが多いのですが、これは投資家の負担となりますので少しでもコストを抑えたい人はあまり小刻みに入金をしない方が良いでしょう。そして、自分の口座にお金が反映されるまでしっかりとチェックすることを忘れないでください。トラブルの原因になりますからね。

ファンドが募集金額に満たなかった場合は?

dotti

出資した案件がもし最低募集金額に達しなかった場合は数日のうちに口座にお金が払い戻されます。手数料などは一切掛かりませんので安心してください。

緊張しながら…初の出資!

ではいよいよ、緊張しながら初の出資を体験していましょう。出資額は最低金額から。なるべく手堅い印象のあるファンドを選んだ方が良いですね。また、期間が数年にも及ぶような案件ではなく、とりあえずは数ヶ月で運用・返済が完了するものを選んだ方が手軽です。

はやる気持ちを抑えてじっくり考えよう

honmono 2

初めての出資ではあまり利回りは重要視すべきではありません。まず、画面の操作方法に慣れることが大切ですし、手堅く利益を手に入れることが何よりも大切です。

最初の頃はまだスキーム商品説明も完璧には理解できないかもしれません。それでも、必ず最初から最後まで目を通しましょう。いずれ意味が分かるようになります。

とにかく焦らず急がず。投資案件はたくさんありますからね。時間を掛けてでも納得のいく案件を選ぶべきです。

そして、いくら出資するかを決め、申込みボタンを押したらあとは基本的に待つばかりです。注意しなくてはいけないのは、スリルやドキドキ、ワクワクを求めてついたくさんの案件に手をだしてしまうことです。

初心者は結果が出るまでの時間を無駄に感じてしまうことも多いのですが、それによっていきなり資金いっぱいの案件を抱えてしまうのは危険です。常に余力のある状態で日々更新される案件情報をチェックするようにしましょうね。

前月の口座開設数ランキング

国内業者比較

人気クラウドファンディング業者ランキング

1位 クラウドクレジット

迷ったらまずはここに口座開設!担保付きファンドも多く、最高水準のリターンが望めます!

平均利回り前月応募数注目度
2位1位1位
業者詳細はこちら
無料口座開設

2位 ラッキーバンク

新規ファンドはすぐに即完!抜群の安定感で利回りを得たい方は必ず口座開設しておきたい業者です。

平均利回り前月応募数注目度
5位3位2位
業者詳細はこちら
無料口座開設

3位 オーナーズブック

国内不動産に特化した業者。運営元の知識やノウハウが豊富なため、手堅い運用ができると人気。

平均利回り前月応募数注目度
15位2位3位
業者詳細はこちら
無料口座開設

自分のスタイルにあった業者を選ぼう